セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 18日

he's my hero whether he's on ice or not

羽生くんおめでとう!なニュースと同時に思い出した12年前。
当時の私は17歳で、なにげなく見ていた男子フィギュアのFP、最終グループの滑走。
「え、この人すごく軽々跳ぶなぁ!」で画面に釘付けになって、間もなく彼の笑顔にハートまで釘付け。
記念すべきティモシー・ゲーブルとの出会いはこんなんでした(笑)
当時、私の友人のうち何人かは同じくフィギュアにダダはまりして、ヤグディンが好きだったり、
プルシェンコがいいよって言ったり、アブト実はすごい美形ってなったり、タケシ頑張ってるよね、だったり。
そんな中で私は一筋にティモシー推しで、当時からネットジャンキーだった私は公式サイトに毎日の
ようにアクセスし、隅から隅まで読み漁り、日記が更新されたら小躍りし、辞書を片手にお手紙書いて、
サイン入りカードが送られてきたときには人生最大の喜びという勢いで、あー甘酸っぱいねぇ。

でも真面目な話をすると、ティモシーとの出会いは私にとってひとつのターニングポイントだった。
海外メディアの記事を読み漁るなんてことをしたのはあのときが初めてで。本人にファンレター出すだけ
じゃなく、海外のファンサイトに投稿したりして、かなりアグレッシブにファン活動して。そのときに
心から思ったこと、「英語が使えるって素晴らしい」。

前にもちょこっと投稿したけど、当時の「相手のことが知りたい!私のことを知って欲しい!」は
ほんとコミュニケーションの原点だったんだな。そんな経験を通して、ますます英語が好きになったし、
ますます英語に親しむようになった。ティモシー関連だと思ったら英語読むのも苦にならなかった。
それほどまでの喜びと熱意を与えてくれたティモシーとの出会い、そして彼本人に本当に感謝してる。

気付けばそれから12年が経過、ティモシーは2006年に引退してしまった。その後は大学生に
なって・・・というところまでは情報を追っていたけど、その後は知らなかったので、この機会にググる私。
結果、数学を専攻していたコロンビア大学を卒業した後はニールセンにて財務分析などコンサルの
仕事をしている(た?)とのこと。スケートの週末コーチやハーレムでボランティアで教室やったりして
た時期もあったけれど、今はもうリンクに立つことはないみたい。(このスケートを辞めた経緯は
インタビュー記事で知ったのだけど、読んでて胸が詰まってしまった)
でも、概して彼は今(と言っても2012年の記事だったけども)の自分に満足していて、ハッピーな
様子で、それはとっても嬉しかったな。やっぱり彼には笑顔でいて欲しいもの。

出会いはオリンピックのテレビ画面で、四回転ジャンプの瞬間だったけれども、スケート辞めて大学行って
普通の企業で働いてるティムもやっぱり大好きだ。氷の上にいようがいまいが、彼は私のヒーローです。
[PR]

# by sexual-apple | 2014-02-18 00:04 | 呟いてみる
2014年 01月 03日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もろしくお願いいたします。
[PR]

# by sexual-apple | 2014-01-03 12:47 | 毎日のこと
2013年 12月 25日

メリークリスマス2013

タイトルには相反するんですが、先月の半ばくらいから、なんとなく
「今年は自宅にクリスマスを持ち込まないぞ!」と決めていて。
毎年ドアノブにひっかけてたオーナメントなし、クリスマスマーケットでの
買い物も、プレゼントもなし。ケーキくらい食べてようかなぁと思いながら、
結局なし。もちろんチキンもなし。あ、クリスマスカード一通だけ出したけど。

なんでこんなことをしようと思ったのか、特にきっかけはないし、理由も
ないんだけど、考えてみれば、日本的な「クリスマスはかくあるべし」から
逃れたかった、解放されたかったのかもしれません。

そして本日クリスマス当日、いつもどおりに帰宅していつもどおりに食事をし、
いつもどおりの夜を過ごしている中で思うこと。

クリスマスを持ち込まないことで、日本的クリべし論から逃れられたか?: イエス
逃れられたことで、解放感を得たか?: ノー
今の心情は?: なんか、コレジャナイ感

ある価値観を排除することでストレートに解放感を得られるわけではないのだなぁ。
それともこれは私の中にある日本的クリべし論の根深さゆえでしょうか。
いずれにせよ、当初の想定とは違った結果に驚いたのでした。


メリークリスマス!
[PR]

# by sexual-apple | 2013-12-25 19:52 | 毎日のこと
2013年 12月 12日

特に希望も予定もないのだけど

結婚する夢をみた。

シーンはふたつ、挙式と、その後の生活でダンナとの買い物と。
妙にリアリティのある夢だったなー。ダンナは全然知らない人だったけど。
とは言っても夢に出てくるということは、無意識下で記憶してるどこかの誰かなんだろう。

夢の中でも「私この人のことまだよく知らないなー」と感じてはいるんだけども、
結婚そのものに対してはさしたる不安もなく。心中は極めて穏やかで
自分で言うのも恥ずかしいけど、幸せだったと思う。

「私この人のことよく知らないけど大丈夫かな?」
「まぁなんとかなるかー」
「それにしてもこの私が結婚とは」
夢の中で考えたことは、大体上記3つに集約されるな。
ずいぶんと軽いようだけど、現実の結婚も案外そんなものなのかもしれない。
[PR]

# by sexual-apple | 2013-12-12 17:54 | 呟いてみる
2013年 12月 08日

自分用

自分メモ。

[PR]

# by sexual-apple | 2013-12-08 16:31 | その他