2014年 07月 09日

びっくりした。

びっくりしたわ、ほんまびっくりしたわ。
何が起きてるのか分からんかったわ。
画面見てられなかったもん。ほんまどういうことやねん。
アナウンサーが「悲劇を通り越して惨劇です」とか言うてたけど、あそこまできたら喜劇よ。
思わず言うたもん、ドイツ空気読め!ってw
まさかW杯の準決勝であんな試合が見られるとは。
前半30分で5得点とかまずないやろ。練習試合でもないわ。

しかしドイツはほんまにうまかった。点とってから上昇気流に乗りまくり。
一方でブラジルは完全なるデフレスパイラルで、グダグダと必要以上にパワーダウンしてた気がする。
ラテン系めー、ノリだしたらハンパないのに落ち出してからもすごいのな。
例によってLINE友達ブラジリアンと一緒に見てたんだけど、
あまりに私が落ち込むので一生懸命励ましてくれたさ。すまぬ。

これがこの試合じゃなかったらよかったのに。
親善試合とか、せめてヨーロッパ大陸でのW杯ならよかったのに。
ブラジル大会でこれはあかんよ。ネイマールもチアゴシウバも泣いてるよ。

納得できない試合じゃなかった、ただショックなだけ。
あんなことになるなんで誰が想像しただろう。
って言うたら、すかさずブラジリアン友人に
「ブラジリアンは分かってたよ」って返されたけどw

あぁ歴史に残る瞬間を目撃してしまった。
今回の大会はハイレベルの試合が多い、なんて言われてた中でこれだよ。
ある意味超ハイレベルだったわ。
サウジアラビアの人がTwitterで「我々の記録が破られようとしている」って言うてたけど、ほんまそれよ。
(2002年大会グループリーグ、ドイツ対サウジは8-0でドイツ勝利)

はぁー、こんなにも嬉しくないドイツの勝利は初めてだ。
それでも私はドイツが好きだー!
複雑、複雑過ぎる。こんな複雑な気持ちにさせてくれるな、W杯。

いやーほんま私、W杯クズだな!



[PR]

# by sexual-apple | 2014-07-09 22:41 | 毎日のこと
2014年 07月 06日

W杯クズなう

なんだかんだでW杯を割とちゃんと見ている。四年に一度の世界のお祭り。
世界中で一体何人の人がこの瞬間を共有しているんだろう。私が見ているテレビ画面と
同じものを、隣の国の人も、その隣の国の人も、そしてもちろん地球の反対側の
スタジアムにいる人たちも、全員が見ているというのは私にとってはちょっと震えるくらい
すごいことで。純粋に、興奮して感動してる。

さて、2002年日韓共催のあの大会からこっち12年間、ずっとゲルサポな私ですが、
今大会に限ってはブラジルも応援しています。そしてブラジル対ドイツというカードになって
しまった準決勝は、ドイツには大変申し訳ないですが、ブラジルを応援いたします。

南米開催、しかもその中でもブラジル開催。そこでブラジルが優勝するというのは、とっても、
とっても意義深いことだと思う。ブラジルにおけるサッカー、ブラジル人にとってのサッカー、
そしてW杯というのは、日本人である私にはちょっと理解できない次元にあるんじゃないかと
勝手に思っている。そこで欧米勢が優勝してしまうのは、ブラジル、ひいては南米にとっては、
大袈裟かもしれないけど、アイデンティティを踏みにじられるようなもんなんじゃないかとまで思っている。

確かに南米の選手たちもその多くは普段は欧州リーグでプレイしてるし、サッカーなんて
純粋なスポーツというよりはすでにビジネスになってるわけで、動いてるお金の量もハンパないし、
裏ではいろいろあるでしょうとも。

それでも、私は南米の選手たちの背後に、プロになることを夢みながらそこらの路地裏で
ボロボロのボールと追いかけっこする子どもたちを想像してしまう。そして思うのです、彼らの
夢を守るために、ブラジルは優勝しなければならないと。できる・できないの問題じゃない、
しないといけない、のです。そしてドイツは優勝してはいけない。ここは欧州勢の出るとこではないから。

生憎、準決勝を目前にしてネイマールは怪我で戦線離脱、チームの要であるキャプテンは
出場停止とブラジルは満身創痍。対するドイツは調子を上げて来ているし、少なくともブラジルと
比較するといいコンディションにあるように見える。だから次の試合はめっちゃめちゃに不安、
すでに神様に祈る気持ち。これが欧州での大会だったら、これがW杯ではなかったら、私は
迷わずドイツを応援してるけど、今回だけは別。ブラジルを応援する。それでもまだ決勝戦が
残っているのだけれども。



ここまで超真面目に書いてきたけど、グループリーグ終了後、準決勝でドイツとブラジルが
当たると気付いたときから、私の中での理想の順位はもう出来てるんだわ。ブラジル対ドイツは
ブラジル勝利で、ドイツは三位決定戦を制して三位。そしてベスト4が出揃った中で順当にいくと、
二位はアルゼンチンでしょう。というわけで、優勝ブラジル・二位アルゼンチン・三位ドイツで。
オランダごめん。


2015.02.20
久々に読み返してみたけど、そして書いてる当時も思ってたけど、これは奢りなのかなーって。
「先進国・日本に生まれ育った私」っていう視点からの。うーん、考えちゃうなぁ。。。
[PR]

# by sexual-apple | 2014-07-06 16:35 | 毎日のこと
2014年 03月 23日

LIFE!

LIFE!
アナと雪の女王と、どっちを見るか最後まで迷って、
なんとなく自分に足りないものを与えてくれそうなこっちにした。
結果、そのとおりだった。単純な「感動」なんて言葉では足りない、
感じるところ、思うところ、考えるところ、教えられるところが多い作品でした。

見終わった後の気持ち良さったら。
ここ最近見た映画の中では一番、もしかしたらこれまで見てきた中でも
一番になれるかもしれない。それくらい好きになった。

ただ単純に「夢を追え!」「外に出ろ!」なんじゃなくて、あくまで地に
足がついていて。現実と想像夢想の配合バランスが最高。
生きてるってことは面白くないことや苦労もあるし、もしかしたら
そっちのが幸せよりも多いのかもしれないけれど、それでも人生は
素晴らしいって思える。

学生よりも社会人、若者よりもミドルな方に見てもらいたい映画。
来月からやっとこさ社会人8年生の私と、勤続ウン年というオジサマ方の
ほうがより共感することができるであろう映画。

見始めて最初のうちは、外に出るウォルターに対して
「いいなぁ私も飛び出したい!」という思いで一杯だった。けど、途中で
彼が勤続16年ということに思い当たり、その瞬間にスッと落ち着いた気持ちに
なって。焦ることなんてないじゃないの、今じゃなくても大丈夫、そう思えた
のは収穫のひとつ。なんだかんだで気が急いていたのだなぁ、私も。

一番揺さぶられたのは、ウォルターが最初の旅に出発するシーン、
LIFEのモットーが流れるところ。一番好きなところは、終了近くのシーン、
ウォルターが再就職活動を始めるところ。現実に戻って来た、取りように
よってはがっかりしてしまうようなこのシーンは、この映画については
日常を取り戻す=視聴者との接点となっていて、作品全体に説得力を
持たせていたような気がする。

  To see the world
  Things dangerous to come to
  To see behind walls
  To draw closer
  To find each other
  And to feel
  That is the purpose of life

  世界を見よう
  危険でも立ち向かおう
  壁の裏側をのぞこう
  もっと近づこう
  お互いを知ろう
  そして感じよう
  それが人生の目的だから
 
   (映画パンフレットより)
[PR]

# by sexual-apple | 2014-03-23 23:41 | 感想系
2014年 02月 18日

he's my hero whether he's on ice or not

羽生くんおめでとう!なニュースと同時に思い出した12年前。
当時の私は17歳で、なにげなく見ていた男子フィギュアのFP、最終グループの滑走。
「え、この人すごく軽々跳ぶなぁ!」で画面に釘付けになって、間もなく彼の笑顔にハートまで釘付け。
記念すべきティモシー・ゲーブルとの出会いはこんなんでした(笑)
当時、私の友人のうち何人かは同じくフィギュアにダダはまりして、ヤグディンが好きだったり、
プルシェンコがいいよって言ったり、アブト実はすごい美形ってなったり、タケシ頑張ってるよね、だったり。
そんな中で私は一筋にティモシー推しで、当時からネットジャンキーだった私は公式サイトに毎日の
ようにアクセスし、隅から隅まで読み漁り、日記が更新されたら小躍りし、辞書を片手にお手紙書いて、
サイン入りカードが送られてきたときには人生最大の喜びという勢いで、あー甘酸っぱいねぇ。

でも真面目な話をすると、ティモシーとの出会いは私にとってひとつのターニングポイントだった。
海外メディアの記事を読み漁るなんてことをしたのはあのときが初めてで。本人にファンレター出すだけ
じゃなく、海外のファンサイトに投稿したりして、かなりアグレッシブにファン活動して。そのときに
心から思ったこと、「英語が使えるって素晴らしい」。

前にもちょこっと投稿したけど、当時の「相手のことが知りたい!私のことを知って欲しい!」は
ほんとコミュニケーションの原点だったんだな。そんな経験を通して、ますます英語が好きになったし、
ますます英語に親しむようになった。ティモシー関連だと思ったら英語読むのも苦にならなかった。
それほどまでの喜びと熱意を与えてくれたティモシーとの出会い、そして彼本人に本当に感謝してる。

気付けばそれから12年が経過、ティモシーは2006年に引退してしまった。その後は大学生に
なって・・・というところまでは情報を追っていたけど、その後は知らなかったので、この機会にググる私。
結果、数学を専攻していたコロンビア大学を卒業した後はニールセンにて財務分析などコンサルの
仕事をしている(た?)とのこと。スケートの週末コーチやハーレムでボランティアで教室やったりして
た時期もあったけれど、今はもうリンクに立つことはないみたい。(このスケートを辞めた経緯は
インタビュー記事で知ったのだけど、読んでて胸が詰まってしまった)
でも、概して彼は今(と言っても2012年の記事だったけども)の自分に満足していて、ハッピーな
様子で、それはとっても嬉しかったな。やっぱり彼には笑顔でいて欲しいもの。

出会いはオリンピックのテレビ画面で、四回転ジャンプの瞬間だったけれども、スケート辞めて大学行って
普通の企業で働いてるティムもやっぱり大好きだ。氷の上にいようがいまいが、彼は私のヒーローです。
[PR]

# by sexual-apple | 2014-02-18 00:04 | 呟いてみる
2014年 01月 03日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年もろしくお願いいたします。
[PR]

# by sexual-apple | 2014-01-03 12:47 | 毎日のこと