<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

20131030

大好きな大好きな友人にベイビー誕生。
なんて嬉しい日だろう。
[PR]

by sexual-apple | 2013-10-31 01:03 | 呟いてみる
2013年 10月 20日

またしても映画感想

最寄のTSUTAYAの旧作100円はありがたいわー。
天神まで出たら取扱い作品多かった代わりに180円だったからな・・・。


【スタートレック 宇宙大作戦】
スタートレックの第一作目、確か1960年代に放送されたテレビシリーズ。
2009年のJJエイブラムス監督のスタートレック、および2013年のスタートレック・イントゥ・ダークネス
にだだハマりした影響で、ついにオリジナル版にも手を出してしまいました。
とりあえずTSUTAYAにあったやつを借りてきて8エピソードを視聴。
結論:面白さというのは普遍的!
もうねー、ほんとねー、その一言に尽きる!映像は古いし、セットはちゃっちぃし、特殊効果なんかも
どうにもしょぼいんだけど、おもしろい。ストーリーがかなりしっかりしてる、というか、扱われてる
テーマが現代にも通用するもので、原作者のロッテンベリーはマジ天才だなって。
作中に出てくるアイテムが今のガジェットのヒントになったって説も十分うなずけるわ。
(例:コミュニケーター=携帯電話)
あとは役者さんが最高。ウィリアム・シャトナーのカーク船長のかっこよさは異常。
あの表情、(根拠のない)自信に溢れた態度、そして結構女たらし(笑)、魅力的すぎるw
スポックとマッコイとのトリオも完璧で。これはハマる人がいるの分かるよ、ていうか私もハマるよ。。。


【ショーン・オブ・ザ・デッド】
大学生のときに見て以来だった作品、ひさっびさにレンタル。
主演のサイモン・ペッグ&ニック・フロストに監督のエドガー・ライトを加えた「ニッペガー」が大好き。
ほとんどがコメディで、少しばかりのロマンスとアクションって感じの映画かと。
ベースはゾンビ映画なんで、かなりエグくてグロいシーンもあるので、苦手な人は注意。
(ていうか、私も苦手な人なので、そういうシーンは画面から目をそらしている・・・)
全体のトーンはかなりアホなので、週末の夜なんかにのんびり鑑賞するのがオススメ。


【ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン】
上記「ニッペガー」の第二作目。相変わらず主演二人「ニッペグ」が最高!
これまたおバカ映画なんですが、サスペンス要素が加わってて夜中に一人で見たら結構怖いかも。
グロシーンは健在なので、画面正視できない部分もあり。でも面白かったー!
伏線とかうまいこと張られてて、またそれがうまいこと回収されていく様と、
出演者たちの演技がすごい良くて、見終わった後脊椎反射でツイッターに「ニッペガーマジやべぇ!」と
呟いてましたwデートとかで見るには全く向かない映画だけど、娯楽としてはほんと優秀。
やっぱり映画はこうでないとな!と思える作品。


急に映画をあれこれ見るようになったのは、
 ①テレビがでかくなった
 ②時間的余裕ができた
この二点に尽きるのであります。特に①、でかいわー。
ハード面の充実って大事なのね。しみじみ。
[PR]

by sexual-apple | 2013-10-20 18:24 | 感想系
2013年 10月 20日

旅行のこと

風邪気味で引きこもりをキメてるこの週末、暇に任せてフォートラベルの旅行記を読み漁る。
人様の旅行記って私はすごい好きで、こう、ピンポイントでの名所紹介じゃなくて
「○○から△△までは交通手段□□を使って移動~」みたいなラインがわかりやすくて
あたかも自分がそこに行ったかのような気分になれるのが良い。

そんな中で有給を極力使わず弾丸旅行してるサラリーマン女性(たぶん私と同年代)の
旅行記を見つけて、すごいそそられるものがあって結構な量を読んでしまった。

私は海外旅行となると一箇所に結構じっくり滞在したい人で、周遊とか苦手だし、
ましてや弾丸なんて全く心惹かれることもなかったんだけども、行きたいとこが増える一方なのに
対して休みが一向に取れないとなると、そうも悠長なことは言ってられないわけで。
そんなときに彼女の旅行記の数々を読んで、大いに勇気付けられたわけです。

・・・ちょっと、やってみる?週末ヨーロッパとか。
バルセロナやバチカンにぴゃっと行ってぴゃっと帰ってきてみる?
んまーでも彼女の弾丸っぷりときたら「今回48時間滞在でゆっくりできました~」とか
「成田早朝着で帰宅してシャワー、余裕の出社です」とか、かなりハイレベルでしたけどw

まぁとどのつまりは、旅行したいってこと。海外に出たい!
外国に行くと、日本にいるときに無意識に縛られてる「かくあるべき」から解放される気がして
それがとっても気持ちよいのだ。マイノリティになることで開き直ってるだけかもしれないけど。

NYのタイムズスクエアで感じた「世界の中のわたし」という感覚、恋しいなぁ。。
[PR]

by sexual-apple | 2013-10-20 18:00 | 呟いてみる
2013年 10月 16日

ふと思ったこと。

学生時代からの英語との付き合いの中で、
一番ストレスなく力がついたのは、
ファンになった米国人スケーターの
公式サイトや英文記事を読み漁ったり
ファンメール書いたりしてたときで、
これって結局
「相手のことを理解したい、私の気持ちを知ってほしい」
って気持ちが何よりも先にあって、
コミュニケーションツールという、
英語の原点に触れた思いです。

だから私は英語が好き。
[PR]

by sexual-apple | 2013-10-16 21:47 | from ケータイ