セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 18日

お気に入り翻訳 その2

" You would not call me a marrying man, Watson? "
" No, indeed! "
" You'll be interested to hear that I'm engaged. "
" My dear fellow! I congrat-- "
" To Milverton's housmaid. "
" Good heavens, Holmes! "
" I wanted information, Watson. "
" Surely you have gone too far? "
" It was a most necessary step. I am a plumber with a
  rising business, Escott, by name. I have walked out
  with her each evening, and I have talked with her.
  Good heavens, those talkes! However, I have got
  all I wanted. I know Milverton's house as I know the
  palm of my hand. "
" But the girl, Holmes? "

He shrugged his shoulders.

" You can't help it, my dear Watson. You must play your
  cards as best you can when such a stake on the table.
  However, I rejoice to say that I have a hated rival, who
  will certainly cut me out the instant that my back is turned. "

* * * * *

「君は僕のことを、結婚したがっているとは思わないだろうね、ワトスン君?」
「思わないとも!」
「その僕に婚約ができたと聞いたら、びっくりするだろうね?」
「えッ!そいつはおめで…」
「相手はミルヴァートン家の女中さ」
「おやおや、なんだってまた…」
「聞きこみがほしかったんだよ」
「それにしても、婚約とはちと深入りしすぎたよ」
「止むをえない措置だったんだ。まず景気のいい鉛管工になったのさ。
 名まえはエスコットというんだ。毎晩彼女を散歩につれだしてね、
 のべつおしゃべりをしたものさ。うっふ、べちゃくちゃ、べちゃくちゃだ!
 だがおかげで、知りたかったことはみんなわかった。ミルヴァートンの
 家のなかは、まるで自分の手のひらをさすほど詳しく知っている」
「だってその娘がかわいそうじゃないか」
「しかたがなかったんだ」 ホームズは首をちぢめて、
「場にこんないい札の出ているときは、全力をつくして札を打たなきゃならない。
 だが僕としては、ちょっとでもすきを見せたが最後、かならず切りつけてくる
 ような手ごわい相手を持っているかと思うと本望だよ


新潮文庫「シャーロック・ホームズの帰還」より「犯人は二人」 延原謙訳

* * * * *

下線部について、ずっと何の疑問もなくこの訳で読んでたけど、たまたま見かけた
翻訳サイトさんで新解釈を発見したので以下拙訳。

 「しかし幸いなことに僕には憎むべきライバルがいて、僕が彼女に背中を向ける
  と同時に割り込んでくるに違いないんだ」

なーるーほーどー。かわいそうなメイドさんのためにはむしろこっち希望。
" cut me out "で果たしてそういう意味になり得るのかは別にして。
「取り除く」みたいな意味にはできるんかな。

こうして比較してみると、いろいろおもしろいな。
今回取り上げた部分で延原謙GJと思ったのは、

 " Good heavens, those talkes! "
 「うっふ、べちゃくちゃ、べちゃくちゃだ!」

これは思いつかなかった。
私だったら「よくしゃべったもんだよ!」とかその程度。

あと、ここにはそんなに出てこないけど、日本語訳できないなぁと思うのが
 " my dear--- " " my fellow " "my boy "
このへん。相手への呼びかけで使ってるけど、どうしたらいいんかね。
翻訳って難しい。

まま、だからこそ訳者さんによって違いがあって、その分何度も楽しめるっていうね。
[PR]

by sexual-apple | 2012-03-18 02:26 | マニアック
2012年 03月 11日

お気に入り翻訳

新潮文庫「シャーロック・ホームズの冒険」の「ボヘミアの醜聞」から、
ボヘミア王とホームズの会話。訳者は延原謙。


" Was there a secret marriage? "
" None. "
" No legal papers or certificates? "
" None. "
" Then I fail to follow your Majesty. If this young person should
  produce her letters for blackmailng or other purposes,
  how is she to prove theire authenticity? "
" There is the writing. "
" Pooh, pooh! Forgery. "
" My private note-paper. "
" Stolen. "
" My own seal. "
" Imitated. "
" My photograph. "
" Bought. "
" We were both in the photograph. "
" Oh, dear! That is very bad! Your Majesty has indeed comitted
  an indiscretion. "

* * * * *

「秘密に結婚でもあそばしましたか?」
「そんなことはしておらぬ」
「法律上有効な書類とか、あるいは証書のごときものをお遣わしでございましたか?」
「そのようなものは与えぬ」
「しからばお言葉を解しかねます。たとえばこの若い人物が、手紙の類を強請(ゆすり)
 その他の目的でもちだすといたしまして、彼女はどうしてそれが偽物ではないと証明
 できましょう?」
「手跡というものは争えぬ」
「そんなことが!偽筆だと仰せられませ」
「専用の料紙が用いてある」
「ご料紙は盗まれることもございます」
「余の封印が用いてある」
「偽造することができます」
「余の写真が遣わしてある」
「お写真は買うこともできます」
「二人で撮った写真だ」
「おう、それはたいへんいけません。陛下はご軽率をあそばしました」

* * * * *

このシーンはこの翻訳が一番好き。
会話のテンポに加えて、ホームズの古風な(?)敬語表現がうまいなー、と。
延原謙訳は昔っぽい言い回しとか多くて、人によっては取っ付き難いかもやけど、
個人的にはそれがいかにも19世紀末って感じで好きなのです。
やたら現代語なのよりも、セピアな色合いの言葉で読みたい。
[PR]

by sexual-apple | 2012-03-11 22:53 | マニアック
2012年 03月 04日

1月・2月に読んだ本

001: ヴェルサイユ宮殿に暮らす 優雅で悲惨な宮廷生活
     / ウィリアム・リッチー・ニュートン
002: よみがえる最後の晩餐 アメリア・アレナス / 片桐 頼継
003: 裸はいつから恥ずかしくなったか 日本人の羞恥心 / 中野 明
004: システィーナのミケランジェロ / 青木 昭
005: レンブラント工房 / 尾崎 彰宏
006: ブリューゲルの食風景を歩く / 宗任 雅子
007: 名画で読み解くブルボン王朝12の物語 / 中野 京子
008: 十八歳の亜米利加 歩きはじめた娘の手紙 / 俵萌子・協子
009: ハプスブルク家の光芒 / 菊池 良生
010: 悪女の物語 / 藤本ひとみ
011: ルイ16世 / ベルナール・ヴァンサン
012: われらロンドン・ホームズ協会員 / 河村 幹夫
013: ダルタニャンの生涯 / 佐藤 賢一
014: 「怖い絵」で人間を読む / 中野 京子
015: 告白 / 湊 かなえ
016: シャーロック・ホームズ全集 詳しい解説/楽しい注/豊富なイラスト
    (第16巻ボール箱) / コナン・ドイル ベアリング・グールド編
017: ナポレオンの影 / コナン・ドイル
018: 大沢在昌のバスカビル家の犬 / コナン・ドイル 大沢在昌訳
019: バスカヴィル家の犬 / コナン・ドイル 延原謙訳
020: ミステリ・ハンドブック シャーロック・ホームズ
     / ディック・ライリー パム・マカリスター
021: ヴィクトリア女王 大英帝国の“戦う女王” / 君塚 直隆


1-2月で21冊。相変わらず趣味に走った21冊。
何冊かコメントでも。

「ヴェルサイユ宮殿に暮らす」
フランスのヴェルサイユ宮殿における当時の生活について。
汚いとか人がいっぱいとか補修箇所だらけとか、まぁ大変やったらしい。
有名な話やけど、改めて読むと非常に興味深い。宮廷生活の中の
人間臭い部分がクローズアップされてるのが良かった。

「システィーナのミケランジェロ」
ヴァチカン市国にあるミケランジェロの最後の審判と天井画、あれの
補修(洗浄)作業についての写真集に近い一冊。
うん、ずーっと実物が見たいと思ってるんよね、最後の審判…。
ヴァチカンかー。遠くて遠いなぁ。。死ぬまでに見られるだろうか。

「ルイ16世」
この人が一冊の本になってることにまず驚いた。まぁ有名ではあるけど
本になるようなタイプとも思えなかったので(超失礼)
個人的には大好きねんけどね、この人。肖像画だって、14世みたいに
王様王様してなくて、なんか人好きがする丸顔やし。肝心の中身ですが、
すごい新鮮でした。フランス革命をまた別の角度から見てみたって感じ。

「シャーロック・ホームズ全集 詳しい解説…」
たまたま一冊だけあったから借りた。タイトルどおり、解説が超詳しい。
相当マニアック。ホームズ初読の人などには絶対にお勧めできない、もはや
「うざい」レベルの詳しさでした。が、マニアにはたまらんね、だいぶ面白かった(笑)

「バスカビル家の犬」「バスカヴィル家の犬」
これもホームズもの。二冊続けて読んだのは、一冊目の訳がどーしても
気に入らなくてイライラしたからです。。。しかも原作にはないシーンが
付け足してあって興醒め。たまたま英語の原書を持ってたから確認したら、
そんなんどこにも書いてないやん!っていう。
(原書まで持ってるのはホームズシリーズの中で一番ってくらいお気に入りの
作品だからです・笑)

「ヴィクトリア女王」
ホームズからのロンドンからのヴィクトリア朝、っていう流れで読んだ本。
新書版とは思えないボリューム、読み応えがありました。
1837年に18歳で即位、1901年に81歳で崩御。ほんま、偉大な生涯。
その間日本は明治維新やら東海道線開通やら日清戦争やら…。
薩英戦争も同時期、1863年。
てか、イギリスと戦争する鹿児島県って…すごい時代やってんな。


以上!
[PR]

by sexual-apple | 2012-03-04 01:31 | 本棚