セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 28日

とりとめもなくバラバラ書いてみる。

8月はお盆休みもあったし、仕事は普段に比べたら忙しくなかった。
帰省した翌週まるまる一週間、リハビリ期間って感じやったー。
社会復帰能力が低下している…。

* * *

やりたいことはいろいろあるんですよねー。

①歯列矯正
②レーシック
③ブラジリアンワックス
④一人海外旅行

①はお金がある今のうちかなぁ、とか。
でも必要に迫られてるわけではないので、かなりの贅沢カテゴリ。
2~3年たっぷり時間取りたいので、いつ東京を離れるか分からん今は
ちょっとパスやなー。病院も絞れん。

②は完全に興味本位。一番身近な成功事例は部長。日々オススメされている。
肩こりがなくなったりするのかなー。だったらいいかも。
でもそこまで視力悪いわけではないので(裸眼でも生活できる)、これも贅沢カテゴリ。

③はだいぶ前からやりたいやりたいと思いながらやっていない。
原宿にお店があるらしいので、興味本位でトライしてみたい(笑)
日本人にも広がりつつあると思うんですよねー。
や、ブラジリアンはどうか知らんけど、お手入れしましょうっていう風潮が。

④ここ最近一人旅したい気分ー。まぁ実際海外はなかなか難しいんやけど。
連休は取れても5日、お盆と年末年始くらい。いっつもそこで帰省してるけど、
それを一回諦めればなんとかなるかも。
昔は「海外行くならがっつり10日とかじゃなきゃヤダヤダ」と思ってたけど、
最近は「目的集中させれば5日間(中3日)でもいけるわい」と開き直ってきました。

* * *

昨日飲み会で食べ過ぎたので、一駅手前で下車して徒歩で帰宅。
「たまには違う道で帰ってみよー♪」と冒険を始めたところ、まんまと道に迷う。
最終的には帰宅できたものの、結局通常の倍近い時間かかったー。
帰宅後、地図とgoogleマップのストリートビューにて彷徨ったルートを確認。
相当あらぬ方向に行ってました…私って方向音痴やったのね。
馬事公苑を一周してたよー(私の家を知ってる人なら、この表現で
どんだけ迷ってたのか分かってもらえると思う・笑)
次回以降気を付けよう。迷うならせめて昼間で。

* * *
[PR]

by sexual-apple | 2011-08-28 11:10 | 毎日のこと
2011年 08月 09日

絵画芸術

「絵画芸術」、フェルメールの作品。生まれて初めて欲しいと思った絵。
ウィーンの美術館所蔵らしい。行きたいなーみたいなー。

c0008616_1301061.jpg


いろんな寓意が散りばめられた絵なんやけど、そんな理屈とか解説抜きに気に入っている。
どこがどう、とか具体的じゃないんやけど、いい。好きやなー。
目を閉じてるモデルの女の子と画家さんは言葉少なに、でも会話してそう、とか。
画家さんはこの女の子のことを可愛がってそう、とか。
そういう素朴な想像が楽しいし、微笑ましい。
こんなん言うたらバチあたりそうやけど…。

8月9日追記:
そういえば私が「女の子」呼ばわりしているモデルは、実は女神らしい。
ということは、「女の人」が正解なんやろうな。
でも初めて見たときに「女の子や!」って思ってしまい、
いまだにその印象は変わらず、私の中では女の子のままっていう。。
[PR]

by sexual-apple | 2011-08-09 01:34 | 感想系
2011年 08月 07日

頻度の話とか

こないだ職場の同僚と飲みに行ったときの話。
メンバー:30歳男子・27歳男子・26歳男子・26歳女子・25歳女子

同期男子が「彼女と一週間に一回しか会えない、もっと会いたい」って言い出して、
私が「えー十分やん、むしろtoo muchや」って言うたら、
全員からブーイング受けた(笑)
他の人からすると、一週間に一回は少ないらしい。
「週末しか会えないなんて…」「平日も会いたい」等々。

分からんー分からんよーーー
個人的には二週間に一回とか、三週間に二回くらいがいいな。
一ヶ月に三回も会ったら「今月はよく遊んだな!」って思う。
毎週末ってなると、たぶん、疲れる(ひぃ、言っちゃった)

平日は完全に仕事モードやから、基本早く寝ることばっか考えてるし、
週末は掃除とか洗濯して、自分(だけ)の時間を楽しみたい!
気ままに近所ぶらぶらしたり、お買い物したり、ちょっと遠出してみたり。

…っていう主張は全く受け入れられず、なんか、びっくりした(笑)
とりあえず自分が少数派なのはよく分かりました。。。


別の機会に違う人(37歳既婚子持ち男性)にこの話をしたら、
「今はそう思っていても、ずっと一緒にいたいと思える人は絶対にいる。
 ただし、探さないと出会えないから、そこは頑張れ」
と言われました。なんか聖書の世界やな…
“求めよ、そうすれば、与えられるであろう。
 捜せ、そうすれば、見いだすであろう。
 門を叩け、そうすれば、開けてもらえるであろう。”

ふぅ。


そういえば金曜日は新入社員(二年目)の研修に講師役で参加して、
夜の懇親会にも呼んでもらったんやけど、そこでも二年目男子らから
「彼氏はいるんですか」
「結婚しないんですか」
「(したくないって答えたら)どうしてですかー?!」
…なんやねん(苦笑)
さらに「結婚したい」っていう男子に理由きいたら、
「何か守るものが欲しいんですよね…」って言われた。
私、ポカーン、後、爆笑。アンタ24歳になるかならんかで「守るもの」って!
いやー、最近の子はおもしろいね♪wwwww


以上、最近の出来事でした。
[PR]

by sexual-apple | 2011-08-07 22:29 | 呟いてみる
2011年 08月 02日

7月に読んだ本

気付いたら8月ー。
最近ますます時間が経つのがはやい!

076: 戦場のピアニスト / ウラディスワフ・シュピルマン
077: 笑えるクラシック 不真面目な名曲案内 / 樋口 裕一
078: 世界のオペラ50 / 後藤 真理子
079: クラシック極上ノート / 渡辺 和彦
080: モーツァルト百科全書 / 福島 章恭
081: 恋愛哲学者モーツァルト / 岡田 暁生
082: 卵のように軽やかに サティによるサティ / エリック・サティ
083: ドレスコードのすすめ~おしゃれ手帖partⅡ / 野宮 真貴
084: 巨匠(マエストロ)たちのラストコンサート / 中川 右介
085: 江戸前浮世気質 おちゃっぴぃ / 宇江佐 真理
086: 毛沢東のバレエダンサー / リー・ツンシン
087: オペラ座バレリーナのエコ・シックなパリ / ミテキ・クドー
088: 大作曲家の知られざる横顔 / 渡邉 學而
089: 中世の食卓から / 石井 美樹子


「恋愛哲学者モーツァルト」
モツの代表的なオペラ5つを「男女の恋愛」という視点から読み解く本。
新しい視点で面白かった。一部「それはさすがに深読みし過ぎでは…」という
部分もあったけど、もし本当にそうやとしたらモツの恋愛哲学はすごい。
もっとロマンチストかと思ってたのに(笑)

「卵のように軽やかに~」
作曲家エリック・サティが書き残した文章が集められた本。
傘を失くしたことに対して
「私の傘は私を見失ったことで大変心配しているに違いない」
なんていう表現があったりして、なんか読みながらニヤニヤしてしまった。
こういうのは訳者のセンスもあるから、原文で読めたらどんなにいいやろうって思う。

「江戸前浮世気質~」
久々に時代小説。この人のはどれ読んでもハズレなしでお気に入り。
華々しい大河ドラマ的な小説も嫌いちゃうけど、市井の人々の
超庶民的な日常生活が描かれてる本の方が魅力的かなー。

「中世の食卓から」
私の大好きな食べ物本!(笑)なぜか惹かれるテーマ。
食に関するエッセイ集で、タイトルにあるとおり舞台は中世。
貴族から平民までの食卓がいろいろ紹介されてて興味深い。
今も昔も内容に変化こそあれ、人間は「食べ続けて」来たんやなぁ。。
この最後に読んだ中世食卓本のせいで、この後少々食べ物系が続くっぽい予感。


「文化」というか、そこまでいかないにしても「風俗」というものが好きらしい。
人の生活に興味があるというか。古今東西問わず(好みの差はあれども)
そういえば海外でも観光名所より地元スーパーの方に行ったりするしなー。
上に書いた「超庶民的な日常生活が描かれている本の方が魅力的」っていうのも
たぶん、そういうこと。

例えば宗教だったら、その宗教の内容そのものよりも、それが人々の生活に与えた影響を
知る方が好きみたい。行事とか義務とか禁忌とか、それこそ食べ物とか。
民俗学とか、たぶん相当おもしろいんやろうなー。
[PR]

by sexual-apple | 2011-08-02 21:52 | 本棚