<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 19日

ドヴォ8とモツ41

すごくツボにハマった曲は、ききながら「終わらないでー!」って思う。
最近きいた中では、

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 カラヤン指揮 ベルリンフィル 1964年録音
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」 ベーム指揮 ウィーンフィル 1943年録音

どっちも前からきいてた曲やのに、なぜか今になってひどく気に入ってて、
週末休日出勤したときはヘビロテしながら仕事(笑)
第一楽章から通してきくのがポリシー。んで第四楽章でフィナーレに近づく頃に思う、
「あー終わらないで、お願い終わらないで」って。
どんなに思っても曲は終わるのになぁ。

カラヤンのドヴォ9は颯爽としててかっこいい、それでいて結構ロマンチック。
有名な二楽章は胸がきゅうううってなる。心の琴線ぶっちぎり。
一方で四楽章の音の刻み方なんかは軍隊の行進を思わせるような整然さで
思わず唖然とするほど。心拍数上がるわ。
ひとつの楽章内にいろんな表情があって何度きいても飽きないんよなー。

ベームのジュピターは安心感のある演奏、これぞモーツァルト!っていう。
三楽章はゆらゆら揺れるリズムがして心地よく、続く四楽章はガラリと雰囲気変わって
疾風怒濤というか、ほんと「音の渦に巻き込まれる」ようで圧巻。
次から次へと繰り出されるフレーズに溺れそう、むしろ溺れたい、みたいな。
好きすぎて思わずピアノソロ版の楽譜を探してしまった(笑)

どちらも日本ではポピュラーな曲やけど、好かれてるには理由があるのだな、と思う。
スコア見ながら理論で分析しながらきいたらもっと面白いかも。(できないけどw)

しかしこの録音年!私の生まれる遥か前なのに、全く鮮度が落ちてない。
作曲家も偉大だし、指揮者も演奏者も偉大。
それからベームの戦時中の録音、ああいうときにこういう音楽があって、
しかもそれが記録されてるって。。すごいことやなぁ。
[PR]

by sexual-apple | 2011-07-19 23:05 | マニアック
2011年 07月 19日

夢の国デビュー

初ディズニーランド。満を持してのデビュー。
散々周囲に「えぇぇ行ったことないの?!」と言われ続けてきましたが、
自分でも「もう一生行かないかもー」と思っていましたが、
これまで何度か計画したものの頓挫し続けてきましたが、
今回ついに実現しました。

感想:たのしかった!

良い意味で頭を使わず、理論理屈ではなく、「楽しい」とか「きれい」とか「おもしろい」とか
思える場所やった。こういう感覚は久々やった気がする。

しかし↑のような感想になるなんて、普段どんだけ頭使ってんだよって
感じやねんけど(苦笑)
「童心に返る」ってこういうことなんかも?

なんにせよ、機会さえあれば再訪したいディズニー。
次回はシーもぜひ。東京おるうちに行かねば。


箱根も行きたいし尾瀬も行きたい。日光も興味あり。
もしくは八丈島とかも行ってみたい。
行きたいとこいっぱいや。
[PR]

by sexual-apple | 2011-07-19 22:49 | 感想系
2011年 07月 16日

モモ

一日24時間じゃ足りない。
一週間7日じゃ足りない。
一ヶ月30日じゃ足りない。


別に「一ヶ月海外旅行いかせろ」とか言ってんじゃなくて、
ただ、本が読めて、音楽がきけて、ピアノの練習ができて、英語の勉強ができる、
今はそれだけ。これだけできたらいいよ。多いか(笑)

じゃあ読書とピアノと英語。
今かて本読んでるのは通勤時間だけなんやけど。
そこを英語にあてると、本が読めなくなるからなぁ。
ピアノは毎日1時間くらい確保したいんやけどなぁ。
でも睡眠時間も6時間くらいは欲しい。

睡眠6
通勤(往復)2
仕事(職場)9
ここまでで17時間。あと7時間。
…なんかこう考えたら意外とあるかも?>7時間

タイムマネジメント上手になりたい。
[PR]

by sexual-apple | 2011-07-16 02:57 | 呟いてみる
2011年 07月 10日

6月に読んだ本

067: ぷれりゅうど / 芥川 也寸志
068: もう一人のメンデルスゾーン ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼルの生涯
    / 山下 剛
069: モーツァルトのザルツブルク / 海老澤 敏
070: モーツァルト殺人法廷 / ルドルフ・アンガーミュラー
071: ベートーヴェン<不滅の恋人>の探求 / 青木 やよひ
072: ベートーヴェン音楽散歩 / 稲生 永
073: ベートーヴェンの耳 / 江時 久
074: 図説 ショパン / 伊熊 よし子
075: ラヴェル その素顔と音楽論 / マニュエル・ロザンタール

6月はちょい少なめで9冊。
内容は全部クラシック(笑)ベートーヴェン比率高め。

「もう一人のメンデルスゾーン~」
有名なフレデリック・メンデルスゾーンのお姉さんの話。
作曲もしてて、ネットで探したら楽譜発見。
ネットも音楽も偉大やなぁ、すぐに見つけて、すぐに演奏できるっていう。

「ベートーヴェン<不滅の恋人>の探求」
彼の死後発見された手紙の宛先が「不滅の恋人」で、それが誰だったのか、
っていう話。私の中のベートーヴェン像を変えた一冊。
ベトベンもまた男だったのね、みたいな(笑)

「ラヴェル その素顔と音楽論」
ボレロくらいしか知らなかったラヴェルやけど、なぜだか惹かれる人物。
読後ますます好きになった(笑)この人の作る曲は響きがおしゃれ。
「亡き王女のためのパヴァーヌ」のピアノ譜を見ても、古典派作曲家には
見られない音の重ね方が素敵。しかし技巧的に難しくて全然弾けていないw
[PR]

by sexual-apple | 2011-07-10 13:54 | 本棚