<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 29日

マルコヴィッチの穴

今日は終日雨、タイミングよくTSUTAYAが旧作100円セールだったので、
前日夜に映画を2本借りる。作品は「ヘアスプレー」と「マルコヴィッチの穴」。
で、今日はマルコヴィッチを観賞。

だいぶ前から見たいと思いながら見てなかった作品、制作は1999年。
10年以上見たいと思い続けていたらしい(笑)
原題は「Being John Malkovich」、とあるビルの中に不思議な穴があって、
その穴はジョン・マルコヴィッチの脳内に通じている…っていう支離滅裂な映画。
一応コメディの棚にあったんやけど、見終わった感想は
え、これコメディ…?みたいな。。

「おもしろい・おもしろくない」で評価すると、まぁおもしろかったんやけど、
私のコメディセンスとはちょっと違ってたようで、あんま笑えなかったという。
うーん、主役の男が好きになれなかった、というか、
むしろ受け付け難いタイプだったのが敗因か。
そっちに対する「うへぇ、この男ダメじゃん」的な感情が勝ち過ぎたのかも。
あと、なにげにキャメロン・ディアスが出てるんやけど、
これがもー華のない役どころで、貧乏所帯じみた垢抜けない雰囲気ムンムン、
顔がアップになるまで誰だか分からないっていう(笑)
マルコヴィッチ(本人役)の演技はさすがで、他人に脳内に入り込まれた
ときの乗り移られたような様子や台詞のトーンの微妙な変化は素晴らしかったです。

総合的にはちょっと全体のトーンが暗かったというか、
雨振りの休日に一人で見てはいけない映画だと思いました(結論)
まま、好き俳優マルコヴィッチを堪能できたから何も言うまい。。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-29 22:58 | 感想系
2011年 05月 26日

出張先のごはんのこと。

昨日から一泊二日で群馬県高崎市に出張しておりました。
そこで食べたものがおいしかったので、日記に書く(笑)


夜に連れてってもらった「魚辰」っていう小料理屋。
小さい店やし、大してきれいでもないんやけど、
ここ、魚がおいしかった。
地元の人が
「海なし県だけど美味しい魚が食べられる店」と
言うだけのことある。
お刺身はもちろんやけど、メバルの塩焼きが一人一匹出てきて、
これが身が詰まっててもう・・・!(絶句)
かなり大きかったんやけど、食べつくしてしまった。
あと、山菜の天ぷらも美味。海も山も楽しめる良い店。女将さんも素敵。
【食べログ】

今日の昼に連れてってもらった「永井食堂」、実は有名店やったらしい。
もつ煮の店。国道沿いでトラックの運転士さんとかいっぱい。
ここ、ご飯の量がかなり多くて、半ライスでも普通の大盛りくらい入ってる。
私は「レディース」というのにしたんやけど、それでもご飯多かった…。
でもでも、もつ煮は大満足。
味付けは濃すぎず、薄すぎず、絶妙な塩梅でご飯が進む進む。
ほんまお腹いっぱいになったけど、完食に成功。
来店前に「ご飯を残すと駐車場の空き缶拾いをさせられる」と聞いていたので
危機感・緊張感を持って臨んだ結果か(笑)
しかし晩御飯の時間になっても全然お腹空かないw
【公式】
【食べログ】

やはり美味しいものは地方にありやと思う今日この頃。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-26 22:32 | 毎日のこと
2011年 05月 22日

再生芸術

絵画や小説は当時のままの姿で今も楽しめるけど、
音楽は楽譜だけ。
オケの編成とか、楽器の種類とか、今と当時は全然違うわけで、
そしたら今きいてる演奏と、当時の演奏はどれくらい違ったんやろう、とか。

その曲の作曲家自身が参加してる演奏とか、
今どう足掻いても絶対にきくことができへんのやなぁ。。

例えばベートーヴェンの「運命」でも、今自分がきけるのは
フルトヴェングラーの運命だったり、カラヤンの運命だったり、
ブラームスだって同じで、小澤だったりミュンシュだったりで。
その当時の作曲者が100%意図した演奏は絶対にきけない。

そう考えたら、なんか、こう、もどかしいというか。
残念っちゃ残念で。

作曲家が本当に表現したかったのはどんな音楽だったんやろう。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-22 20:10 | 呟いてみる
2011年 05月 15日

チューニングの謎

ずっと疑問だった吹奏楽でのチューニングの謎が解けてすっきり。


① オーケストラのチューニングはA=ラである。
② 中学時代の吹奏楽ではB♭管のクラリネットを吹いていた。
③ B♭管クラリネットのドは実際には(ピアノの音では)シ♭になる。
④ 中学時代の吹奏楽のチューニングでは、
  クラリネットのドの音=B♭=シ♭に合わせていた。
⑤ チューニングと言えばA=ラであるはずでは?
  クラリネットのド=シ♭でのチューニングだったのはなぜ?(疑問1)

⑥ 「吹奏楽のチューニングはB音で行うことが多い。
  クラリネットやトランペットなど、B管の楽器が多いから」
  という解説を目にする。
 (疑問1について、少なくもとA音ではなかったという部分では解決)
⑦ しかしB音=シであり、クラリネットやトランペットのド=B♭=シ♭とは異なる。
  この半音のズレは?(疑問2)

⑧ Bはアメリカ・イギリスでは「ビー」で「シ」のことだが、
  ドイツでは「ベー」で「シ♭」のことだった。
⑨ よって、吹奏楽のチューニングは
  B(ドイツ語)=B♭(英語)=B♭管クラリネットのド
⑩ すっきり。


後半(B=B♭のあたり)については私の楽典知識の程度がバレバレやな。。
なんにせよ、解決してよかったよかった。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-15 10:43 | 呟いてみる
2011年 05月 11日

プールのこと。

最低でも週に一度はプールに行くのが目標で、今日も機嫌よく泳いできました。
(こうでもしないと全く運動しないので…)
今日はぴちぴちのビキニパンツな男性がいて、お尻の割れ目が
常時はみ出してたのが非常に面白かったです。
大胆な人もいたものだ。

私が行く時間帯によく開催されてるのが「目指せマスターズ」というレッスン。
四泳法すべてが出来る人が好タイム目指して泳ぎまくるクラス。
参加してる人は大抵水泳体型で、「いかにも~」な感じ。

そしてさすがに指導しているインストラクターはいい身体をしてらっしゃる。。
一番よく見かける人(年齢不詳だけど若い男の人)は身長は高いわ
手足は長いわお肌はつるつるだわ…よい目の保養(笑)
女の人も引き締まった二の腕、筋肉質な足、小麦色の肌…
もちろん泳ぎも上手ー。無駄に水飛沫を上げることなく、それでいて速いという。
バタフライとかダイナミックで思わず見惚れてしまう(笑)

・・・みたいな感じで、プールサイドのジャグジーでのんびりしながら、
人のレッスンをまじまじと見学させてもらっているのでした。
いやーそれにしてもタフなクラスで、45分のレッスン中にどんだけ泳ぐのー、っていう。
散々泳ぎまくった挙句、最後は「じゃあ今日は〇秒に挑戦しましょう!」と
いった具合に自由形で100メートルくらい全力疾走。いやはや。

一方の私はクロールと平泳ぎを交互に、のんびりマイペースで水と戯れております。。
ええねん、これでええねん。。。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-11 23:59 | 毎日のこと
2011年 05月 08日

無題

~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なんかもうとにかくイライラする。
自分も周囲も、何もかも。


このままずっと続けていく自信がない。
そろそろ潮時なのかなぁ。こんな言い方も嫌だけど。


一人でぐるぐるしても何も解決しないのに。
こうやってぐるぐるしてること自体に自己犠牲的な
ある種の快感を見出してるんだろうか、
とか第三者的視点が立ち上がってきて、
それがまた私を苛立たせる。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-08 20:39 | 呟いてみる
2011年 05月 06日

東京人って。

「三代住んでないと本当の江戸っ子とは言わない」らしいですが、
そのリアル江戸っ子(要は東京人)に
「東京の人が田舎をバカにする権利はあると思う」
と結構本気で言われてびっくりした!
なんちゅーか、私くらい本気で田舎出身だと逆に開き直ってて
「ムカつく」とかいう感情はあんまないねんけど、とりあえずびっくりしたw

なんでも、彼のルーツは築地らしい。
母方のお祖母様が戦時中の疎開で田舎の人にいじめられたらしく、
それ以降田舎が嫌いらしい。
そんなお祖母様に育てられたお母様も田舎をバカにするらしい。

何がびっくりしたって、そういう母方のバックグラウンドを知った上で、
なお「田舎をバカにする権利はあると思うんだよね」と言えるバカさすごさ。
なんかもうめんどくさかったので「あー、そうですかねぇ」と生返事しておきましたが。

まぁでも考えたら、私もたぶんどこかで東京を軽蔑している(笑)
社会人になってから性格が(今まで以上に)悪化したのは
間違いなく東京砂漠のせいだと思っているww

夏目漱石の坊ちゃんの中でも、キヨが「田舎の人は意地が悪い」とか言うてるし。
これはもう仕方ないことなんかなー。
いろんな人がいる。今日も勉強になりました。

とりあえず、生まれた場所で人をバカにする、それこそおバカな彼には
「将来醜く禿げ散らかす呪い」をかけておきました。
布団の上で死ねそうにない男やし(もしくは腹上死w)、
ここはひとつオトナな対応で。

[PR]

by sexual-apple | 2011-05-06 20:13 | 呟いてみる
2011年 05月 05日

今欲しいものと、やりたいこと

【今欲しいもの】
ヴィトンの長財布!ダミエの二つ折り!ポルトフォイユ・サラ!
なぜここに来てヴィトンなのか、自分でもびっくりなんやけど、
飽きなさそう・長く使えそう、という二点から惹かれております。
たまたまた元上司にもらった手帳カバーがダミエやって、
(「使わないからアゲル」ってもらったけど、2万4千円しまっせ、元本部長!)
それ以降、ダミエシリーズが気になりまして。。エナメル好きやからヴェルニも
悪くないんやけど、飽きないのはダミエかなー、と。

で、昨日勇気を出してヴィトンのお店に行き、店員さんに頼んで見せてもらいました。
「本物触ったら意外と期待はずれで、欲しい気持ちも収まるかも・・・」と思いつつ。
が、実物に触れた結果、ますます欲しくなりました。。。
どーしよーーー。他のお財布も見てはいるんだけど、どうしても気になるダミエ。
まだ分不相応な気がして買えないでいるんだけど。。
悩もう。。。


【今したいこと】
いろいろありますが、そのうちのひとつがハイジニーナ。
何のことか分からない人はググってみて下さい。
そしてそこで引いた人は、続きを読まないで下さい・・・。

思うに、日本人女性は無頓着過ぎる!
ジムの更衣室で見かけますが、みんなジャングル!なんで?恥ずかしくないの?
脇とか腕とか脚は「これでもか!」ってくらい気にするのに、そこは放置?
大いに疑問なのです。脇ツル文化は浸透したのになぁ。不思議やわ。
単純につるつるの方が清潔そうやし、気分よく過ごせそうな気がする。
それだけの理由なんやけど、やってみたいわ、ハイジニーナ。
ワックス脱毛も考えましたが、痛そうやし、繰り返しやんなきゃいけないなら
やはりレーザーで完膚なきまでに叩きのめしたい。
いつかやるぜ、ハイジニーナ。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-05 12:15 | 呟いてみる
2011年 05月 03日

4月に読んだ本

例年なら長く感じていた4月ですが、今年はやたら早かった。


040: 七つの黒い夢 / オムニバス
041: ウィーン・フィル 音と響きの秘密 / 中野 雄
042: 音の影 / 岩城 宏之
043: 贈る物語 Mystery 九つの謎宮 / オムニバス・綾辻行人選
044: カラヤンと日本人 / 小松 潔
045: 地下街の雨 / 宮部 みゆき
046: 回転扉のむこう側 / 岩城 宏之
047: 証言・フルトヴェングラーかカラヤンか / 川口 ロマーン 惠美
048: オーケストラがやって来た / 山本 直純
049: オーケストラの秘密 / みつとみ 俊郎
050: 千住家にストラディヴァリウスが来た日 / 千住 文子
051: ロココのスカートをまくった男 モーツァルト / 永竹 由幸
052: 食べるクラシック / 千葉 真知子
053: ブラボ!あの頃のN響 国際舞台に躍り出た昭和30年代 / 細野 達也


音楽関連の本が一気に増えております(笑)

「音の影」はクラシック好きにはかなりおもしろく、文庫本を購入。
岩城宏之は指揮者なのに文章もうまい。
他の著作も何冊か購入してしまった。

「オーケストラがやって来た」の山本直純、この人も指揮者。あと作曲家。
小さい頃にコンサート行ったことがある。地元の古い建物の中の講堂に
パイプ椅子並べたような会場で、今思えばよく来てくれたなー、っていう。
演奏曲目とか全部忘れたのに、最後に指揮棒を客席に
放り投げはったことだけはよく覚えてるねんなー。

「地下街の雨」はクラシックだらけの中で気分を変えるための一冊。
宮部みゆきの文章は平易やのに奥深い感じで好き。

「ロココのスカート~」は一風変わったモーツァルトの伝記、やと思う。
モーツァルトが活躍した時代の背景とかそこに至る経緯まで幅広い内容、
高校時代の世界史を思い出した。まなちゃん(先生)懐かしー。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-03 20:29 | 本棚
2011年 05月 02日

ゴールデンウイーク4日目は仕事。

今日は出勤。朝の電車は思ったよりもすいてなくて、ほぼいつもどおり。
10連休の人って思ったより少ない気がする。

仕事は終日部内ミーティング(勉強会的な)
ほんまに一日中。9時過ぎから18時前までガッツリ。
開始前は「めんどくさい休ませろバカヤロウ」みたいな気持ちやったけど、
これがなかなか勉強になりまして、非常におもしろかったです(笑)

その後、飲み会で酔った部長がいつもどおりのセクハラ発言を繰り返し、
負けずに笑顔で対応する自分がエライと思いました(真顔)

セクハラ対策ってさー、「毅然とした態度で」とか言うけど
実際そんなことできるわけないin日本企業でのサラリーマン生活。
それよりもむしろ円滑な人間関係をキープするために
「相手に恥をかかせず、でもそれ以上攻撃もされないうまいかわし方」
とか教えてほしい今日この頃。。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-02 23:59 | 毎日のこと