カテゴリ:マニアック( 38 )


2012年 03月 18日

お気に入り翻訳 その2

" You would not call me a marrying man, Watson? "
" No, indeed! "
" You'll be interested to hear that I'm engaged. "
" My dear fellow! I congrat-- "
" To Milverton's housmaid. "
" Good heavens, Holmes! "
" I wanted information, Watson. "
" Surely you have gone too far? "
" It was a most necessary step. I am a plumber with a
  rising business, Escott, by name. I have walked out
  with her each evening, and I have talked with her.
  Good heavens, those talkes! However, I have got
  all I wanted. I know Milverton's house as I know the
  palm of my hand. "
" But the girl, Holmes? "

He shrugged his shoulders.

" You can't help it, my dear Watson. You must play your
  cards as best you can when such a stake on the table.
  However, I rejoice to say that I have a hated rival, who
  will certainly cut me out the instant that my back is turned. "

* * * * *

「君は僕のことを、結婚したがっているとは思わないだろうね、ワトスン君?」
「思わないとも!」
「その僕に婚約ができたと聞いたら、びっくりするだろうね?」
「えッ!そいつはおめで…」
「相手はミルヴァートン家の女中さ」
「おやおや、なんだってまた…」
「聞きこみがほしかったんだよ」
「それにしても、婚約とはちと深入りしすぎたよ」
「止むをえない措置だったんだ。まず景気のいい鉛管工になったのさ。
 名まえはエスコットというんだ。毎晩彼女を散歩につれだしてね、
 のべつおしゃべりをしたものさ。うっふ、べちゃくちゃ、べちゃくちゃだ!
 だがおかげで、知りたかったことはみんなわかった。ミルヴァートンの
 家のなかは、まるで自分の手のひらをさすほど詳しく知っている」
「だってその娘がかわいそうじゃないか」
「しかたがなかったんだ」 ホームズは首をちぢめて、
「場にこんないい札の出ているときは、全力をつくして札を打たなきゃならない。
 だが僕としては、ちょっとでもすきを見せたが最後、かならず切りつけてくる
 ような手ごわい相手を持っているかと思うと本望だよ


新潮文庫「シャーロック・ホームズの帰還」より「犯人は二人」 延原謙訳

* * * * *

下線部について、ずっと何の疑問もなくこの訳で読んでたけど、たまたま見かけた
翻訳サイトさんで新解釈を発見したので以下拙訳。

 「しかし幸いなことに僕には憎むべきライバルがいて、僕が彼女に背中を向ける
  と同時に割り込んでくるに違いないんだ」

なーるーほーどー。かわいそうなメイドさんのためにはむしろこっち希望。
" cut me out "で果たしてそういう意味になり得るのかは別にして。
「取り除く」みたいな意味にはできるんかな。

こうして比較してみると、いろいろおもしろいな。
今回取り上げた部分で延原謙GJと思ったのは、

 " Good heavens, those talkes! "
 「うっふ、べちゃくちゃ、べちゃくちゃだ!」

これは思いつかなかった。
私だったら「よくしゃべったもんだよ!」とかその程度。

あと、ここにはそんなに出てこないけど、日本語訳できないなぁと思うのが
 " my dear--- " " my fellow " "my boy "
このへん。相手への呼びかけで使ってるけど、どうしたらいいんかね。
翻訳って難しい。

まま、だからこそ訳者さんによって違いがあって、その分何度も楽しめるっていうね。
[PR]

by sexual-apple | 2012-03-18 02:26 | マニアック
2012年 03月 11日

お気に入り翻訳

新潮文庫「シャーロック・ホームズの冒険」の「ボヘミアの醜聞」から、
ボヘミア王とホームズの会話。訳者は延原謙。


" Was there a secret marriage? "
" None. "
" No legal papers or certificates? "
" None. "
" Then I fail to follow your Majesty. If this young person should
  produce her letters for blackmailng or other purposes,
  how is she to prove theire authenticity? "
" There is the writing. "
" Pooh, pooh! Forgery. "
" My private note-paper. "
" Stolen. "
" My own seal. "
" Imitated. "
" My photograph. "
" Bought. "
" We were both in the photograph. "
" Oh, dear! That is very bad! Your Majesty has indeed comitted
  an indiscretion. "

* * * * *

「秘密に結婚でもあそばしましたか?」
「そんなことはしておらぬ」
「法律上有効な書類とか、あるいは証書のごときものをお遣わしでございましたか?」
「そのようなものは与えぬ」
「しからばお言葉を解しかねます。たとえばこの若い人物が、手紙の類を強請(ゆすり)
 その他の目的でもちだすといたしまして、彼女はどうしてそれが偽物ではないと証明
 できましょう?」
「手跡というものは争えぬ」
「そんなことが!偽筆だと仰せられませ」
「専用の料紙が用いてある」
「ご料紙は盗まれることもございます」
「余の封印が用いてある」
「偽造することができます」
「余の写真が遣わしてある」
「お写真は買うこともできます」
「二人で撮った写真だ」
「おう、それはたいへんいけません。陛下はご軽率をあそばしました」

* * * * *

このシーンはこの翻訳が一番好き。
会話のテンポに加えて、ホームズの古風な(?)敬語表現がうまいなー、と。
延原謙訳は昔っぽい言い回しとか多くて、人によっては取っ付き難いかもやけど、
個人的にはそれがいかにも19世紀末って感じで好きなのです。
やたら現代語なのよりも、セピアな色合いの言葉で読みたい。
[PR]

by sexual-apple | 2012-03-11 22:53 | マニアック
2011年 10月 22日

ペンギン

ていうか、↓の「何系でもない」の前にこっちを載せたかったんやった。


[PR]

by sexual-apple | 2011-10-22 03:25 | マニアック
2011年 10月 22日

何系でもない



すんごい今更やけど。
「何系でもない」の派生はいろいろあっておもろい。

動画×7
[PR]

by sexual-apple | 2011-10-22 01:03 | マニアック
2011年 09月 19日

渋谷まで行って何を考えてるんだ自分。

久々に渋谷になぞ出てみた。
で、超超久々にアニメイトに行ってみた。
最後に行ったのはたぶん大学生のときで、それも友だちとネタ的に行ったっていう。

まずマンガの品揃えはさすがで、とりあえず欲しいのがあったら
ここかアマゾンでほぼ間違いなく買えるかなという安心感。
あとはキャラクターグッズがやたらありましたが、もう何が何だか。。
マンガ雑誌から離れて久しいとダメやな、アップデートできてないし。
しかし片隅にるろ剣のクリアファイルを発見したときはその頑張りに感動した(笑)

そんな店内やけど、マンガ描きさん用に画材が揃ってるのは見てておもしろい。
コピックとかスクリーントーンとか。消しゴムも多種類で無駄に欲しくなる。
資料用の書籍も豊富で、世界の民族衣装集とか、背景画像向けの街角写真集とか、
世界の家屋の写真集とか、なかなか。普通に本として気になる。
ちょっと欲しくなったのが人物ポーズ集で、鉛筆デッサンの練習するのにいいなー、
とか思ったりして。サラサラっと人物が描けるなんて憧れるやん(私だけ?)

しかしそのポーズ集の中に「ラブシーン集」なる一冊を発見して、
(もちろん写真ではなく線画でいろんな体位が載ってる)
おぉ、まぁ確かにこれは需要あるよね、おいそれと人にやってもらえんしね、と
変に納得したんやけど、よくよく見たら、描かれてるのが全員男やった。
「BL用」ってことらしい。ひぃ!

でもまぁ同人誌とかって多いもんね、BL、いわゆるやおいですか?
それ描いてる人にとってはありがたい資料本なんやろうなと思った次第。
異性カップリングやったら普通のアダルト雑誌とかで勉強(?)できるけど、
男同士やとそうはいかんしな。海外ならまだしも、日本じゃ手に入りにくそうやし。
などなど考えるとなんか納得してしまったのでした。
そんな本まで出すなんて、BLも市民権を得たもんですなー。

私も大概オタクやけど、BLにはどうしても興味が持てないっていうか、
積極的に否定はしないけど理解もできないなーって感じ。
自分の好きキャラを別キャラと絡ませて何がいいんやろう?という素朴な疑問。
マイミクさんの中で解説できるって方、いらしたら教えて下さい。
いやぁ純粋にずっと疑問やねんもん。

どうも「オタク女子=腐女子(BLを愛する女子)」だと取られがちで、
世の中そんなにやおい好きばっかちゃうわいって思ってたんやけど、
先に書いたBL用ラブシーン集の存在を知ったことにより、ちょっと考えを
改める必要が出てきた気がしてきたり、一方で「いやいや、ここはアニメイト、
無法地帯ではないか」とあくまで否定している自分がいたり。
もしあのポーズ集を一般書店で見かけるようになったらいよいよってことやな…。


以上、オタク日記でした。
[PR]

by sexual-apple | 2011-09-19 23:43 | マニアック
2011年 07月 19日

ドヴォ8とモツ41

すごくツボにハマった曲は、ききながら「終わらないでー!」って思う。
最近きいた中では、

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」 カラヤン指揮 ベルリンフィル 1964年録音
モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」 ベーム指揮 ウィーンフィル 1943年録音

どっちも前からきいてた曲やのに、なぜか今になってひどく気に入ってて、
週末休日出勤したときはヘビロテしながら仕事(笑)
第一楽章から通してきくのがポリシー。んで第四楽章でフィナーレに近づく頃に思う、
「あー終わらないで、お願い終わらないで」って。
どんなに思っても曲は終わるのになぁ。

カラヤンのドヴォ9は颯爽としててかっこいい、それでいて結構ロマンチック。
有名な二楽章は胸がきゅうううってなる。心の琴線ぶっちぎり。
一方で四楽章の音の刻み方なんかは軍隊の行進を思わせるような整然さで
思わず唖然とするほど。心拍数上がるわ。
ひとつの楽章内にいろんな表情があって何度きいても飽きないんよなー。

ベームのジュピターは安心感のある演奏、これぞモーツァルト!っていう。
三楽章はゆらゆら揺れるリズムがして心地よく、続く四楽章はガラリと雰囲気変わって
疾風怒濤というか、ほんと「音の渦に巻き込まれる」ようで圧巻。
次から次へと繰り出されるフレーズに溺れそう、むしろ溺れたい、みたいな。
好きすぎて思わずピアノソロ版の楽譜を探してしまった(笑)

どちらも日本ではポピュラーな曲やけど、好かれてるには理由があるのだな、と思う。
スコア見ながら理論で分析しながらきいたらもっと面白いかも。(できないけどw)

しかしこの録音年!私の生まれる遥か前なのに、全く鮮度が落ちてない。
作曲家も偉大だし、指揮者も演奏者も偉大。
それからベームの戦時中の録音、ああいうときにこういう音楽があって、
しかもそれが記録されてるって。。すごいことやなぁ。
[PR]

by sexual-apple | 2011-07-19 23:05 | マニアック
2010年 08月 15日

地元ネタ

c0008616_12511188.jpg

地元のゆるキャラ。
うっかり恐竜の化石が出てきて、
こういうキャラが生まれました、と。
名前もデザインも公募らしい。
なんとも言えず可愛いので貼り付け。

ちーたんの着ぐるみもあるんやけど、
そっちはなんかイマイチ…。
二次元で可愛いのを三次元にするのは
難しいんやなぁ。
[PR]

by sexual-apple | 2010-08-15 12:54 | マニアック
2009年 11月 23日

シュークリーム

最近シュークリームが好きで好きで…。
たぶん、一番好きな洋菓子(生)はシュークリームやと思う。


コージーコーナー 115円
コスパは一番良いと思われる。
クリームはとろっとやわらかめ。たっぷり入ってて幸せになれる(笑)
シュー皮はしっとりやわやわ。

加奈多亭 210円 (吉祥寺)
かなりしっかりした固さのクリーム。手で割っても平気なので、食べ歩きOK(笑)
シュー皮も結構しっかりしてるし、何よりサイズがでかいので食べ応えあり。
クリームぎっしりで一個でお腹いっぱいになったー。

シュガーローゼ 300円 (阿佐ヶ谷)
手に取った感想:でかっ!ほんまにでっかい。
シュー皮はさくさく系。しっかり焼きこんであっておいしい。
中のクリームはプランデーが効いてて大人な感じ。お酒に弱い私にとっては危険シュー。

ダロワイヨ 315円
シュー皮を上下に切ってクリームが入れてあるタイプ。トッピングにアーモンドクランチ。
これもクリームはしっかり固め。シュー皮も固め。
クリームの濃厚さは今んとこ一番。小ぶりやけど満足感高し。

ラ・テール洋菓子店 210円 (池尻大橋)
シュー皮上下切りで、カスタードと生クリームの二層仕立て。
どっちのクリームも後味すっきりしてて美味しい。
シュー皮は結構しっかり。持ち帰りで時間経ってたけどじっとりせずいい感じ。


基本的に私は食べ物のストライクゾーンがめちゃくちゃ広い人なので、
コンビニの100円シューでもまったく問題なく美味しくいただいてます。
というわけで、なんか感想を書いてみたものの、信憑性はあんまない。。。
とどのつまりは全部おいしかったってこと!
あ、コージーコーナーはいつでもどこでも安くて美味しいという点においてオススメ(笑)


今日お茶した高円寺のお店でもシュークリーム食べるべきやったかな。
「ジャパンケーキグランプリで優勝」というのがあったから、そっちをオーダーしちゃった。
もちろんこれも美味しかってんけど、やっぱり私は凝ったケーキよりオーソドックスなのが
好きみたいで、相手の頼んだいちごのショートケーキをつつきまくり。
取り過ぎたかもしれん、ごめん(笑)
[PR]

by sexual-apple | 2009-11-23 23:16 | マニアック
2006年 11月 13日

どーでもいい話(音楽系)

「とりあえず書いておくかー」程度のどーでもいい話、今日は音楽系ネタ。

① ファーギー姉さん
最初は全然興味なかったはずなのに、なぜかハマった。
あのちょっとクレイジーな感じとか好きなのかも。脚キレイなとことか(笑)
あと、いろんなとこで「London Bridge」をききまくったせいかもしれない。洗脳。
個人的には「Fergalicious」も好き。プロモ可愛いし。

② Where is the love?
The Black Eyed Peas」の曲。最近ダウンロードしてみた。
これ、よくよくきいてみればめちゃめちゃ深い歌。こんなシリアスな歌詞だったとは…。
サビ部分、気軽に口ずさんじゃいけない気分。。。
これ、「What is the love?」じゃなくて、あえて「Where」なのがまた深い。

③ Lifetime Respect
「三木道三」の曲。高校くらいのときに出たやつじゃないかな。
なんか久し振りにききたくなったのでダウンロード。
これ、高校のときは結構好きやったような記憶があるんだけど、今は全然ダメだった…。
なんか歌詞が・・・・・・こういうこと言う人いたらひいちゃうかも、私。
ずいぶんとスレたもんです、ごめんなさい。

④ Il Divo
存在は知ってたんだけど、きいたことなかった人たち。今更ハマってしまった…。
ゆうべ初めて聴いたんだけど、衝撃受けたもん。何、この美しすぎるコーラス。
今まで男声ナメてました、ごめんなさい。「テナーは嫌い」なんてもう二度と言いません。
たぶん、生まれて初めて「生でききたい、コンサート行きたい」って思った。
あとね、常に契約ブランドのアルマーニ着てるとことか、全員三十路なとことかもヒット(笑)

⑤ ピアノ
練習してる曲があるんだけど、なんか指回らない。。。
とりあえず半分くらいならいけるかな、再現部の手前までね>私信
でも全然飽きなくて、たまに「夜通しひいていたいっ!」って思うくらい楽しんでます。

⑥ のだめカンタービレ
ママンと二人でテレビの前に正座して見てます(笑)
最初は「ないわぁ」って思ってた玉木千秋と瑛太峰がだんだんそれっぽく見えてきました。
上野のだめの舌足らずなしゃべり方だけはいまだに慣れないけど…。
鈴木姉妹とか、クラ・オーボエのダーティペアとか、カーくんとか、しずかちゃんとか、
結構細かいとこまでちゃんと原作キャラ出て来てるのがすごいね。

とりあえずこれくらいで。どーでもいい話でした。
どーでもいいと言いつつも、結構マメにリンクはってるあたりはつっこまないで下さい。
…今気付いたんだけど、ファーギー姉さんとIl Divoに同時にハマってる私って一体。
これもつっこまないで下さい。
[PR]

by sexual-apple | 2006-11-13 23:59 | マニアック
2006年 10月 08日

○○な瞬間 そのいち

焼き菓子を作ってるときに感じる「お気に入りの瞬間」っていうのがいくつかありまして。
 
 ■ 丁寧にふるった小麦粉をボウルに入れる瞬間
 □ ボウルの中身を型に流す瞬間
 ■ 型を高いとこから落として空気を抜く瞬間

中でも一番好きなのは

 ■ 温めたオーブンの中に天板を入れる瞬間
 □ 焼きあがったお菓子を天板ごとオーブンから引き出す瞬間

これだけは何回やってもドキドキわくわくします。
さらに言うと、焼いてる最中もずっとオーブンの中を見ときたいくらいドキドキわくわく。
焼き時間が30分だとしたら、そのうち20分くらいはオーブンの前にいる気がする(暇人!)
ケーキやクッキーが膨らんで色づいていく様子が大好きなんです。
うまくいかなかったときは凹みますが。

で、今日作ったお菓子はプリンでした。
オーブンで湯せん焼きにするんやけど、プリンは膨らまないし色づきもしないので
ずっと見ていても退屈極まりないです。ってことで、さっさと放置。結構薄情。
それでもまず失敗しないんだからプリンというのは優秀なお菓子ですな。
(お鍋で蒸すよりもオーブン使った方がスが入らないので、成功率がぐぐっとアップ)


ちなみに、お菓子を作っていてあまり好きでない瞬間は

 ▼ 小麦粉やお砂糖を量る瞬間 (めんどくさい)
 ▽ 粉類を加えた生地を混ぜる瞬間 (混ぜすぎ厳禁!とかだから緊張する)
 ▼ クッキー型で生地を抜く瞬間 (今までうまくできたことがない…)

などです。あ、あと調理器具類を洗う瞬間もね(笑)

タイトル、「そのいち」になってますけど「そのに」は未定。
まぁそのうちねー。ゆるゆるぼちぼち。
[PR]

by sexual-apple | 2006-10-08 23:59 | マニアック