セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:本棚( 18 )


2011年 06月 01日

5月に読んだ本

5月が終わりました。
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。(by魔女の宅急便)
というわけで、読んだ本。


054: カラヤン 自伝を語る / フランツ・エンドラー
055: 彼女の嫌いな彼女 / 唯川 恵
056: モーツァルトの食卓 / 関田 淳子
057: 一人の男が飛行機から飛び降りる / バリー・ユアグロー
058: 小澤征爾 日本人と西洋音楽 / 遠藤 浩一
059: カストラートの世界 / アンガス・ヘリオット
060: オーケストラの楽器 / ダイヤグラムグループ編・皆川達夫 監修
061: ようこそ!すばらしきオーケストラの世界へ / 近藤 憲一
062: カラー図解 楽器の歴史 / 佐伯 茂樹
063: ビジュアルで楽しむ ピアノの世界 / 那須田務 監修
064: 読むクラシック / 佐伯 一麦
065: 日本のピアノ100年 ピアノづくりに賭けた人々 / 前間 孝則・岩野 裕一
066: 指揮のおけいこ / 岩城 宏之


「モーツァルトの食卓」美食家で手紙魔やったモーツァルトが生前に
家族や知人に宛てた手紙には食べ物の話がいっぱい書いてあるそうな。
それを元に書かれた18世紀ヨーロッパの食事事情本。
こういう当時の生活に密着した内容の本って大好き。

「一人の男が~」これはおもろい。ごく短い短編がいっぱい入った本で、
そのどれもが相当シュールでブラックで奇想天外な話ねんけど、
妙にリアルに想像できる内容で「ププッ」って笑える。

「カストラートの世界」カストラート=声変わり前のソプラノを保つために、
去勢した男性歌手のこと。グロテスクな話やけど、その歌声をきいて
あまりの美しさに失神する人もいたらしい。
今ではもうきけないのね残念やわー、と思ってたら、いた!岡本友高さん。
裏声じゃなくて、あくまでソプラノ。きいてみたけど、なるほど不思議な感覚に
なる声です。ユニセックスな感じで、確かに天使ってこういう声で歌うのかもしれん。

「日本のピアノ100年~」西洋音楽が入ってきてから現在まで、日本における
ピアノ作りの物語。ヤマハを中心にカワイや他メーカーまで、当時の人々の
ピアノへの熱い思いが描かれてて、読み応えあり。
どーでもいいですが、ヤマハ創始者の山葉寅楠(とらくす)、この人の名前は
中学校の社会の時間に先生が雑談で言ってたのをきいたのが最初ねんけど、
あまりのインパクトに一発で覚えてしまった(笑)

この人、輸入物のオルガンの修理をして「自分ならもっと安く作れる」と真似して
作ってみるんやけど、いかんせん音楽に関する知識がなかったために、音程が
バラバラのものしかできず、「これではいかん」と東京音楽学校(今の東京藝大)の
校長に頼み込んで講義を聴講し、基礎を学んで生産に成功。
当時30代後半やった寅楠が、みすぼらしい格好で若い学生に混じって熱心に
講義をきく様子…想像したらなんか、ぐっとくるー。
このエピソードを知ってから、ますますヤマハが好きになった(笑)


今月は楽器関連の本が多め。勉強になりました。
図書館にはまだまだ音楽関連の読みたい本がいっぱいあるので、
まだしばらく音楽系の本ばっかになると思われます。
[PR]

by sexual-apple | 2011-06-01 21:27 | 本棚
2011年 05月 03日

4月に読んだ本

例年なら長く感じていた4月ですが、今年はやたら早かった。


040: 七つの黒い夢 / オムニバス
041: ウィーン・フィル 音と響きの秘密 / 中野 雄
042: 音の影 / 岩城 宏之
043: 贈る物語 Mystery 九つの謎宮 / オムニバス・綾辻行人選
044: カラヤンと日本人 / 小松 潔
045: 地下街の雨 / 宮部 みゆき
046: 回転扉のむこう側 / 岩城 宏之
047: 証言・フルトヴェングラーかカラヤンか / 川口 ロマーン 惠美
048: オーケストラがやって来た / 山本 直純
049: オーケストラの秘密 / みつとみ 俊郎
050: 千住家にストラディヴァリウスが来た日 / 千住 文子
051: ロココのスカートをまくった男 モーツァルト / 永竹 由幸
052: 食べるクラシック / 千葉 真知子
053: ブラボ!あの頃のN響 国際舞台に躍り出た昭和30年代 / 細野 達也


音楽関連の本が一気に増えております(笑)

「音の影」はクラシック好きにはかなりおもしろく、文庫本を購入。
岩城宏之は指揮者なのに文章もうまい。
他の著作も何冊か購入してしまった。

「オーケストラがやって来た」の山本直純、この人も指揮者。あと作曲家。
小さい頃にコンサート行ったことがある。地元の古い建物の中の講堂に
パイプ椅子並べたような会場で、今思えばよく来てくれたなー、っていう。
演奏曲目とか全部忘れたのに、最後に指揮棒を客席に
放り投げはったことだけはよく覚えてるねんなー。

「地下街の雨」はクラシックだらけの中で気分を変えるための一冊。
宮部みゆきの文章は平易やのに奥深い感じで好き。

「ロココのスカート~」は一風変わったモーツァルトの伝記、やと思う。
モーツァルトが活躍した時代の背景とかそこに至る経緯まで幅広い内容、
高校時代の世界史を思い出した。まなちゃん(先生)懐かしー。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-03 20:29 | 本棚
2011年 04月 09日

3月に読んだ本

あっと言う間の3月でした。年度末感皆無やった(笑)

027: 人質カノン / 宮部 みゆき
028: 臓器農場 / 帚木 蓬生
029: ワーキングプア 日本を蝕む病 / NHKスペシャル「ワーキングプア」取材班
030: ひとつ灯せ / 宇江佐 真理
031: 贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き / オムニバス・宮部みゆき選
032: 捜査班 因果 / 麻生 俊平
033: 大江戸人情花火 / 稲葉 稔
034: 四文字の殺意 / 夏樹 静子
035: Story Seller2 / オムニバス
036: 丸山眞男 音楽の対話 / 中野 雄
037: シャーロック・ホームズのジャーナル / ジューン トムソン
038: 記録された殺人 / 岡嶋 二人
039: 国家の品格 / 藤原 正彦


「人質カノン」は短編集。宮部みゆきは長編も短編もうまいねぇ。
ただ、本の裏表紙の紹介文でネタバレがあって残念。出版社よ気をつけろ。

「シャーロック・ホームズのジャーナル」は、贋作集。
2月の本リストで「正典が一番好き」と書きましたが、これは面白かった。
作品の雰囲気や構成がドイルそっくりで、しかも正典ネタをうまいこと散らしてある。

「国家の品格」はタイトルの割に読みやすくておもしろかった。
かなり極端な内容やけど、同意できる部分も多数。

「丸山眞男 音楽の対話」、これ読んでクラシックがききたくなった(笑)
今まで全然興味なかった「指揮者」に意識を向けるきっかけになった一冊。
目下、カラヤンとフルトヴェングラーのベートーヴェンをききくらべ中。

そんなわけで、今月(4月)は音楽関係の本ばっか読んでますー。
熱しやすくハマりやすく単純でミーハーな私!
[PR]

by sexual-apple | 2011-04-09 13:59 | 本棚
2011年 03月 19日

2月に読んだ本

そういえばまだ載せてなかった。

013: 推理小説 / 秦 建日子
014: 暗色コメディ / 連城 三紀彦
015: 子宮の中の子守歌 / 梁石日
016: ガール / 奥田 英朗
017: 雲を斬る / 池永 陽
018: 朱 / 森 真沙子
019: 看守眼 / 横山 秀夫
020: 八日目の蝉 / 角田 光代
021: おとぎ菓子 料理人季蔵捕物控 / 和田 はつ子
022: female / オムニバス
023: ひょうたん / 宇江佐 真理
024: 捜査班 完黙 / 麻生 俊平
025: しゃばけ / 畠中 恵
026: シャーロック・ホームズに愛をこめて / オムニバス

意外とたくさん読めました、2月。
短いやつ、軽いやつが多かったからか。

「ガール」は女子なら共感する人おおいやろなー、って作品。
作者が男性っていうのがまたなんとも(笑)

「八日目の蝉」は電車の中で読んで泣きかけた。。
テレビでやってたのをちょっとだけ見たことはあるんやけど、
個人的には原作の方がかなり良いと思う。
テレビ版よりも淡々とした流れで、山も谷も控えめなんやけど、
それが良かったんよなー。ドラマ化するには物足りなかったのかな。。。

「しゃばけ」、好きなんです、このシリーズ。
図書館では常に貸し出し中なので、見つけたときにここぞとばかりに読んだ(笑)

「シャーロック・ホームズ…」は二次創作集。
うーん、私はやっぱり正典が好き…。


そんな感じでした。
[PR]

by sexual-apple | 2011-03-19 22:33 | 本棚
2011年 02月 02日

1月に読んだ本

今年の密やかな目標、読書年間120冊にむけて、まずは1月の読書記録。

001: 棟据刑事の復讐 / 森村 誠一
002: アラミスと呼ばれた女 / 宇江佐 真理
003: 旅行者の朝食 / 米原 万里
004: べっぴんぢごく / 岩井 志麻子
005: 台所のおと / 幸田 文
006: プラットホームに吠える / 霞 流一
007: ぎりぎりの女たち / 真野 朋子
008: 現代百物語 / 岩井 志麻子
009: 江戸情話集 / 岡本 綺堂
010: ひとごろし / 明野 照葉
011: 血と骨 / 梁石日
012: 危険なケータイ / 吉村 達也


印象に残ってるのは「血と骨」、映画化もされてたやつ(見てないけど)。
登場人物がとにかく強烈で、エネルギッシュ。圧倒される。
一気に読んでもた。

「べっぴんぢごく」もなかなか。この人の小説好き。
じわーっと怖い。

「プラットホーム~」は誤植があった(笑)
クライマックスの謎解きで盛り上がる部分だっただけに残念。


次回(一ヵ月後)に続く。
[PR]

by sexual-apple | 2011-02-02 23:45 | 本棚
2011年 01月 06日

2010年読書リスト

以下、読んだ順に羅列。

001 沈まぬ太陽 / 山崎 豊子
002 十津川警部 沈黙の壁に挑む / 西村 京太郎
003 アルキメデスは手を汚さない / 小峰 元
004 殺人事件は雲の上 / 東野 圭吾
005 十津川警部 十年目の真実 / 西村 京太郎
006 回廊亭殺人事件 / 東野 圭吾
007 薔薇の殺人 / 内田 康夫
008 眠りの森 / 東野 圭吾
009 11文字の殺人 / 東野 圭吾
010 豪華特急トワイライト殺人事件 / 西村 京太郎
011 分身 / 東野 圭吾
012 私が彼を殺した / 東野 圭吾
013 美しき凶器 / 東野 圭吾
014 天使の耳 / 東野 圭吾
015 返事はいらない / 宮部 みゆき
016 手紙 / 東野 圭吾
017 おまけのこ / 畠中 恵
018 淋しい狩人 / 宮部 みゆき
019 夢にも思わない / 宮部 みゆき
020 記念写真 / 赤川 次郎
021 ぼんくら / 宮部 みゆき
022 同級生 / 東野 圭吾
023 ウインクで乾杯 / 東野 圭吾
024 十津川警部捜査行 / 西村 京太郎
025 魔術はささやく / 宮部 みゆき
026 レベル7 / 宮部 みゆき
027 幻色江戸ごよみ / 宮部 みゆき
028 初ものがたり / 宮部 みゆき
029 堪忍箱 / 宮部 みゆき
030 本所深川ふしぎ草紙 / 宮部 みゆき
031 理由 / 宮部 みゆき
032 使命と魂のリミット / 東野 圭吾
033 震える岩 霊験お初捕物控 / 宮部 みゆき
035 かまいたち / 宮部 みゆき
036 取り残されて / 宮部 みゆき
037 重力ピエロ / 伊坂 幸太郎
038 影踏み / 横山 秀夫
039 空の城 / 松本 清張
040 NかMか / アガサ クリスティ
041 かもめ食堂 / 群 ようこ
042 亡国のイージス / 福井 晴敏
043 スペイン岬の秘密 / エラリー クイーン
044 死海の伏流 / 森村 誠一
045 氷人形 アイスドール / 森村 誠一
046 訃報は午後二時に届く / 夏樹 静子
047 背徳の詩集 / 森村 誠一
048 ぼっけぇ、きょうてぇ / 岩井 志麻子
049 氷の華 / 天野 節子
050 卵のふわふわ 八丁堀喰い物草紙・江戸前でもなし / 宇江佐 真理
051 殺意を飼う女 / 森村 誠一
052 チーム・バチスタの栄光 / 海堂 尊
053 長い長い殺人 / 宮部 みゆき
054 リアル鬼ごっこ / 山田 悠介
055 憎悪の依頼 / 松本 清張
056 棟据刑事の黒い祭 / 森村 誠一
057 ソドムの門 ある殺人者の肖像 / 深谷 忠記
058 殺人観光地図 / 森村 誠一
059 それからどうなる / 佐藤 愛子
060 千一夜の館の殺人芦辺 拓
061 あかんべえ / 宮部 みゆき
062 まだ生きている / 佐藤 愛子
063 レジャーランド殺人事件 / 森村 誠一
064 果てしなき渇き / 深町 秋生
065 いまどきの娘ども / 佐藤 愛子
066 顔のない男 / 北森 鴻
067 食卓のつぶやき / 池波 正太郎
068 食のほそみち / 酒井 順子
069 パティシエ / 永井 紀之
070 凶笑面 / 北森 鴻
071 死を描く影絵 / 森村 誠一
072 パティシエ世界一 / 辻口 博啓 浅妻 千映子
073 きれいなお城の怖い話 / 桐生 操
074 お菓子の日々、ジャム屋の仕事 / いがらし ろみ
075 イン・ザ・プール / 奥田 英朗
076 悪魔の手毬歌 / 横溝 正史
077 鬼の棲む家 / 吉村 達也
078 金田一耕助の帰還 / 横溝 正史
079 ルパンの消息 / 横山 秀夫
080 中原の虹 / 浅田 次郎
081 日輪の遺産 / 浅田 次郎
082 異人たちの館 / 折原 一
083 日暮し / 宮部 みゆき
085 行方不明者 / 折原 一
086 あわせ鏡に飛び込んで / 井上 夢人
087 ハルモニア / 篠田 節子
088 黙の部屋 / 折原 一
089 動機 / 横山 秀夫
090 真相 / 横山 秀夫
091 月琴を弾く女 お龍がゆく / 鏡川 伊一郎
092 裏口は開いていますか? / 赤川 次郎
093 フェイク / 明野 照葉
094 どんどん橋、落ちた / 綾辻 行人
095 九州平戸殺人事件 / 木谷 恭介
096 放火魔 / 折原 一
097 闇 / 栗本 薫
098 呪い人形 / 望月 諒子
099 火車 / 宮部 みゆき
100 新幹線殺人事件 / 森村 誠一
101 耳すます部屋 / 折原 一
102 依頼人は死んだ / 若竹 七海
103 暗黒星団 / 森村 誠一
104 四つの嘘 / 大石 静


目標100に対して104タイトル達成しましたーパチパチパチ。
通勤時間と図書館のおかげ(笑)
至って軽い本ばかり、ミステリーとか時代小説とか、
完全に娯楽目的ですが、まぁいいか(いいのか?)

まぁこんだけあると、おもしろい(=趣味に合う)のも、そうでないのもありました(笑)
でも毎日楽しませてもらいましたー。 thanks all
今年もいっぱい読みます。
[PR]

by sexual-apple | 2011-01-06 00:20 | 本棚
2010年 11月 03日

日輪の遺産

浅田次郎の「日輪の遺産」読了。
太平洋戦争末期の日本が舞台の小説です。

祖父が生まれたのが1917年(大正6年)
祖母が生まれたのが1923年(大正12年)
戦争が終わったのが1945年(昭和20年)
父親が生まれたのが1950年(昭和25年)
母親が生まれたのが1961年(昭和31年)
私が生まれたのが1984年(昭和59年)
そして今は2010年(平成22年)

母方の祖父は明治の生まれだったと思う。
こうして書くと、時の流れの重さというか、大きさを感じるなぁ。

戦争なんて遠い昔のことやと思ってたけど、
私が生まれたのは戦後39年。
たったの39年しか経ってなかったんやな。
[PR]

by sexual-apple | 2010-11-03 10:53 | 本棚
2010年 10月 11日

最近の読書

浅田次郎の「中原の虹」を購入。
「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」と同じ、清朝末期の中国を舞台にしたシリーズ。
文庫化されるのをずっと待ってた作品なので、かなり嬉しい。
さっそく明日から通勤中に読もうと思います。

実は今、「カラマーゾフの兄弟」を読んでて、
全五巻のうち二巻を終えたとこ。
だから、本来ならこっちを先に読了すべきなんやろうけど…
なんせ、おもしろくない(ばっさり)

某男子が「世界で一番おもしろい」とまで絶賛していたので、
よしそれなら読んでやろう!と思って購入したものの、
一回目(2007年くらい?)は二巻の途中で挫折。
で、今は二回目の挑戦なんやけど、やはり二巻を終えた時点で挫折の気配。。
三巻いまだに買ってないし。。。

カラマーゾフを読了してから次のに移る、というのが正しいんでしょうが、
このペースやと残り三冊、年内に読み終える気がしない(酷)
それとも三巻から劇的におもしろくなったりするんだろうか。

とりあえず、明日は中原の虹を読み始めようかと。
二巻組やけど、一週間あったら余裕で読み終わるので
その後カラマーゾフに戻って来よう。うん、そうしよう。決定。
三度目の挫折は何としても避けたい。某男子に負けたようで悔しいから(笑)
[PR]

by sexual-apple | 2010-10-11 21:25 | 本棚