カテゴリ:感想系( 57 )


2005年 04月 01日

ソウル旅行:その①

ただいまです。
本日ソウルより無事に帰国いたしました。
自分の記憶の整理も兼ねて、今回の旅行について書いておきます。
以下、旅行中のケータイ日記より。

3月29日
関空からやたらあっさりソウル到着。時差がないのであんまり海外気分になれない(苦笑)外気温は8度。でも田舎出身の私的にはまだまだイケるくらいの寒さ。現地ガイドのキムさんはいかにも韓国オモニって感じの温かい人やった。トークがうまくて営業活動もなかなか達者。たくましいガイドさんって感じ。ホテルに到着、部屋チェック。今回宿泊したとこは元ラブホテルだったらしく、なるほどお風呂が広くてゴージャスでした。テレビも大画面やし、なかなかお得感溢れる内装です。その後夕食へ。ホテル近くの店に入る。可愛い店員さんとなんとか意思疎通してオーダー。メニューはカムジャタン(?)、豚の背骨とじゃがいもを白菜のキムチとかと一緒に煮込んだ鍋っぽい料理。これがめっさ辛くて熱くてヒィヒィなりました。でも具材の味が染み出したスープとそれを吸った豚肉はかんなり美味しかった!白いご飯によく合います◎一緒に出てきた白菜と大根のキムチもさすが本場の味、辛いけど病み付きになる美味しさ☆韓国の洗礼を受けたかのような夕食でした。しかし服にニオイが染み付いてたまらん…。あと、間違いなく胃を悪くしそう。とりあえず正露丸飲んどいたけど、大丈夫かしら。明日の朝はお腹にやさしいお粥にする予定。
しかしここまで言葉が通じないっていうのを初体験して、今更ながらショックを受けました。ハングル読めない分からない、相手の言ってることも全く理解できない。うーん、マンダム。


ほんとにね、街中ハングルが溢れてるんですよ。
んでもって、こっちはそれが全然読めない。
地下鉄の駅名でもガイドブックには漢字で載ってるのに実際の表示はハングルやったりして、もうお手上げ。駅ごとに番号振ってあるのがせめてもの救いかな。

しかしながらお店の人は日本語使ってくれる率が非常に高いです。
英語よりむしろ日本語の方が通じるし。すごく変な気分になります。
それくらい日本人の観光客が多いんかな、やっぱり。

c0008616_2553934.jpg
記念すべき初韓国料理となったカムジャタン。写真じゃちょっと分かりにくいと思うけど、石鍋の中に骨付きのお肉が山盛り。見た目のインパクトがまずすごかった。スープは意外とあっさり。でも最後の方になると具材の味が溶け込んでまた一味違ったおいしさでした。
[PR]

by sexual-apple | 2005-04-01 23:33 | 感想系
2005年 02月 19日

舞台鑑賞

某音大の短期大学で声楽を専攻している友人の卒業公演があったので行って来ました。
演目は「フィガロの結婚」です。モーツァルト作曲の。でも今回のは全部日本語。
クラシックでオペラって言うたらなんか難しそうな感じするけど、フィガロはそんなことないな。
ドタバタ喜劇って感じ。込み入ったストーリーやけど、笑えるシーンとか歌とかいっぱいで面白いです。
ちなみに友人はヒロインのスザンナを演じてました。見事なソプラノが聴けました。
さすが声楽専攻。他の出演者の方もすごく迫力のある歌いっぷりで、背筋ぞわぞわしたわ。
伴奏は本来ならオーケストラなんやけど、今回はピアノ。
ピアノパージョンのフィガロはオケのとはまた違って軽い感じで良かったです。

一昨々日の16日は劇団四季の「アイーダ」観て来ました。
去年の夏にNYで一回見たけど、なんせあれは英語やったから(苦笑)
やっぱり聞き逃してるとこたくさんあったので、日本語で観られて良かった◎
チケットお世話になりました、チーズ姉さん。サンクス☆
感想というか、とにかくプロの仕事に圧倒されました。
素晴らしい歌とか、壮大な舞台装置とか、四季はほんといい仕事してるなぁ。
ハマる人の気持ちが分かる気がします。

舞台は観るのも演じるのも好き。
思えば中学も高校も演劇の時はなぜか出演者側でした。
スポットライト浴びて台詞言うのは一種の快感です。
生来自己顕示欲が強いみたい。要するに目立ちたがりってやつね(笑)

私的やりたいことリストの中に
「海外で本格オペラやコンサートを味わいたい」
っていうのがあるんやけど、いつか実現できたらいいな。
今んとこ一番行きたいのはウィーンフィルのニューイヤーコンサート。
あと、本物のオペラ座でフィガロが観たい。
フィガロじゃなくとも、モーツァルトものが観たいなあ。
この人の作品は底抜けに明るくて面白いので、気楽に楽しめて良いです。
ブロードウェイにもまた行きたい。
クラシックとはまた違った煌びやかな世界にも心惹かれます。

そんなこんなでとりあえず寝ます。
夢に絶対フィガロ出て来るわ・・・(微妙)
[PR]

by sexual-apple | 2005-02-19 01:46 | 感想系
2005年 01月 21日

テストあと半分

谷原章介さんが出ておられるドラマ、「華岡青洲の妻」、見ました。
母と父と三人でじっくりと(笑)
第一印象は「音楽と方言がすごく素敵!」でした。
BGMがとても印象的。ほんとやさしくて綺麗な曲でした。
方言は確か和歌山の方のものだったと思うのですが、普段は耳にしない言葉なのにすごく心地良かったです。
言い回しがなんとなく柔らかくてのんびりしてて、好み。

肝心の(笑)谷原さんの登場シーンは今回はほんのちょびっとだったんですが、大河よりもずっと泥臭いイメージで良かったです(言い方悪いですが)
や、華岡青洲という人物に対しての私のイメージと割と近いものがあったので。
原作小説のファンである母いわく
「あの人(谷原さん)は綺麗すぎてちょっと違う・・・」
だそうですが(苦笑)
とにかく、次回が楽しみなドラマです。
[PR]

by sexual-apple | 2005-01-21 23:59 | 感想系
2004年 11月 24日

ハウル

というわけで、結局ハウル見てきました。
空き時間有効活用成功。
面白かったですよー、オススメしますよー。
じわじわと感動が続きます。余韻がいい。
あと、これは宮崎作品全般に言えることなのですが、音楽と画が素晴らしいです。
ぶっちゃけ最初のタイトルが出てくるところでウルウルきました。
人間の内面に直接働きかけるものがたくさん散りばめられてると思う。

ジブリで一番好きなのはとなりのトトロ、かなぁ。
小さい頃、飽きもせず何回も何回も見てました。
魔女の宅急便もいいなぁ。
紅の豚は今もう一度見てみたい作品の一つ。
当時は幼すぎてちゃんと理解できてなかったので。
ラピュタも夢中になって見ましたね。
なにやらムスカ大佐に非常に惹かれてました(笑)
千と千尋はいろいろと想い出が詰まっている映画なので、別枠扱いで好きと言っておきます(笑)

映画好きです。映画館大好き。
あの音響設備、うちにも欲しいよ。
ホームシアターのついたおうちに住みたいです(笑)

今したいこと:
ティモシーあさり、フィリップ・キャンデロロあさり、ケーキバイキング。

今しなくてはならないこと:
ゼミ志望理由書、レポート×2、英語課題もっさり。

いつものことながら、やりたいこととしなくてはならないことの乖離が激しい。。。
[PR]

by sexual-apple | 2004-11-24 23:59 | 感想系
2004年 10月 03日

KABUKI!

というわけで、歌舞伎行って来ました。
大阪の松竹座で開催中の十月大歌舞伎です。
午前の部を友人と二人で楽しんできました。
生まれて初めての歌舞伎でちょっと緊張してたんですが、想像してたのよりもずっと面白くて楽しかったです。
どちらかというとお堅いイメージがあった歌舞伎なんですけど、実際はそんなことなくて、大爆笑してしまうシーンがいっぱいでした。
大奮発して一等席を取ったのですが、さらに運の良いことに花道の真横の席で、1メートルくらいしか離れていないところを七之助さんや勘九郎さんが通って行かれるのですよ。
もう大興奮でしたよー、こんな間近で見られるなんて・・・!
脈拍上がりっぱなしでした。少々心臓に悪いです。
あー、でも真横で勘九郎さんが「こんぴらふねふね~♪」って歌いだしたときはどうしようかと思いましたけど(笑)

それにしても七之助さんは綺麗だった・・・!
男なのにあの色気、ずるいよ。
うなじとか素足とか立ち居振る舞いとか視線の流し方とか、すべてにおいて女性を感じました。
師匠と呼んでもいいですか?(けっこう本気)

勘太郎さんは今回は一作品だけに出演されてたんですが、難しい役所をすごくうまく演じておられたと思います。
どうしても大河の平助のイメージが強くて、女形の彼を見てもしばらくはピンときませんでした(苦笑)
友人は「骨格で分かる」らしいのですが(微妙ー)

千秋楽はママンと午後の部です。
あー、楽しみー!すっかりハマりました、歌舞伎。
今日から私の趣味は「歌舞伎鑑賞」に決定です(笑)

お客さん、やっぱり若い人は少なかったです。
おばさま年代がほとんどだったかな。
私と友人はなんだか浮いてました(苦笑)
もっと若い人たちにも普及したらいいのになー。
確かにちょっと敷居は高いかもしれませんけどね。
でも三等席くらいならお値段も5000円あたりからですし、興味が少しでもある方、是非一度足を運ばれては如何でしょう(すっかり広報担当・笑)

私とほとんど年が変わらない勘太郎さんや七之助さんが頑張っておられるのを見ると、なんだか元気出ました。心の栄養を分けてもらえたみたいに。
汗びっしょりで、それでも笑顔を絶やさずに演じておられた勘九郎さんや橋之助さんたちも本当にすごかった。
素晴らしい舞台をどうもありがとうございました。
[PR]

by sexual-apple | 2004-10-03 23:59 | 感想系
2004年 09月 21日

ニンニン☆

ハットリ君見てきました。
面白かったですよー。まさに笑いあり、涙ありって感じで!
そして慎吾ちゃんが可愛えぇ★ハットリ君うちにも来てくれないかなぁ(切望)
なかなかキャストが豪華で、台詞が一つもないような役でも有名どころが出ておられました。
エンディングテーマを慎吾ちゃんが歌ってるんですけど、これがまたヒップホップテイストの入った素敵な曲なんですよ。
思わずシングル購入、聴きまくる。あー、頭にこびりついてます。

スニーカー買いました。ミッキー柄のハイカット。見たことある方も多いのではないでしょうか。
友人とお揃いにして、彼女は黒、私は白。
新学期にはお揃いで登校する予定。
ハイカットは初めてなのでちょっとドキドキ。
靴紐を最後まで通さず、ちょっとルーズな感じに履きたいです。
というか、最後まで通したら靴の脱ぎ履きが非常に困難です(苦笑)

部屋に増えすぎたぬいぐるみを車に移動させようかと思ってるんですが、でもそうしたら後部座席が見事に占領されてしまうので、それもまたどうかなぁと悩んでみたり。
アメリカで増やしすぎました。でも後悔はしてませんよ!(開き直り)
寄せ書きしてもらった誕生日カードの中の教授からのメッセージ
「早くboyfriend見つけて、ぬいぐるみから卒業!」
がちらちらと思い出されます。
でもまだ当分無理ですね(きっぱり)

彼氏といえば友人が知らぬ間にちゃっかり作っていて、沖縄二人旅を楽しんだとか。
うわー、すごいな!ちょっと楽しそうだと思ってしまいました。沖縄・・・!(そっちか)

さー、寝ます。
[PR]

by sexual-apple | 2004-09-21 23:59 | 感想系
2004年 09月 13日

帰って来ました。

お久し振りです、こんにちは。無事に帰国しました。

今回の研修は「国連セミナー」というもので、アメリカはニューヨークにおよそ2週間滞在しておりました。
楽しかったです、本当に。NY大好きになってしまいました。
流石は世界のビジネスの中心地、とてもとても賑やかで活気のあるところです。
「ここで働きたい」と心から思いましたよー。
いろんな人が交差していくタイムズスクエアに立つと、自分がいかに小さいのか思い知らされるようで。
ビルの隙間から見える四角い空を見上げ、もっともっと大きくなりたいと思って。
将来について考えるよい機会になりました。
国際公務員の方々のお話を直接伺って、いろいろ思うこともあったし、気付かされることもたくさん。
まだまだ勉強が足りないということを痛感しました。

・・・ここまで読むとどうにも真面目で堅いんですが、実際は笑い病になるくらい面白おかしい旅でした。
引率の教授が“遊び”を理解している方だったので、かなり好き放題にさせてもらえました。
毎日研修が終わるとその場で自由解散、観光や買い物を楽しんで、ホテルに帰るのは日付変わる直前。
体力勝負で遊びまくりでした(笑)
トイザらスとハーシーチョコのお店は私的ユートピアです(笑)

なぜか今回の旅行中ティディベアに目覚めてしまって、妙にたくさん買いこんでしまいました。
ブッシュ大統領似のが結構お気に入りです(笑)
また近いうちに写真でも載せようかな。

そういえば8月の30日で二十歳になりました・・・!
あー、本人が一番びっくりだよ。。。この私がハタチ。
実際に何が変わったということもないのですが、それでもやっぱりちょっとドキドキします。
月並みな言い方ですが、子供心を忘れない大人になりたいです。

ではでは、とりあえずこの辺で。
またあちらで撮った写真でも載せてみようかなー・・・自己満ですが(苦笑)
[PR]

by sexual-apple | 2004-09-13 23:59 | 感想系