セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 01日

ピアノリサイタル

ピアノリサイタルに行って来ました。のんこさん、チケットありがとう。
今回は弓張美季さんというピアニストの方のリサイタルでした。

…えーと、どうしようもなく眠いので、感想は明日書きます。ごめん。
って打った途端にキーが一個飛んでいった!ちょっと!

すべてをうっちゃって寝ます。


【2月2日追記】
つづきー。

コンサートの会場は西宮のホールでした。
小さなとこだったんだけど、その分ステージとお客さんの距離が近くてよかったです。
ステージをぐるっと囲むように座席が配置されてて、私らは鍵盤が見える席に座りました。
これ、大正解。演奏中に指と腕の動きが見られてとってもおもしろかったです。
演奏曲目はラフマニノフにモーツァルト、バルトーク、そしてショパン。
個人的にはラフマニが気に入りました。エモーショナルな演奏が素敵でした。
モーツァルトのは有名なソナタで、これはピアノ習ってる人ならやった人が多いと思う割と簡単な曲。ドーミソ シードレドー♪ってやつ(分かる?)
でもやっぱりプロが演奏するのは別で、表情がめちゃ豊かなモーツァルトになってました。
ショパンのも詩(水の精と男の人のストーリー、悲劇)をイメージして作られた曲だったりして、全体に「感情」が大事にされてるような選曲だったように思いました。

今回私が楽しみにしてたことにひとつが使用されてたピアノ。
1925年製のスタインウェイだったんです。憧れのスタインウェイ(笑)
コンサート用に作られたグランドピアノだそう。ロゴが眩しかったー。
1925年生まれってことは、よく考えたら戦争を生き延びてきたピアノなわけで、
そう考えたらなんかすごく感慨深かったのでした。
(アメリカ本土は攻撃されなかったとか、そういうつっこみはナシね)

ピアノリサイタルなんてほんと久し振りで、楽しませていただきました。
やっぱりクラシックはいい。ピアノもいい。好き。

それにしてもこの寒波のせいで帰りは雪がわんさか降ってて、運転超恐かった!
ほんと死ぬかと思った。深夜で車少なかったのが幸い。
吹きつける雪で視界は最悪やし、ブレーキ踏んだら「ずざざざ」って感じに滑るんやもん。
帰宅して車から降りたら足震えてたよ(泣き笑い)
[PR]

by sexual-apple | 2007-02-01 23:59 | 毎日のこと


<< IL DIVOコンサート      かゆかゆ >>