2006年 02月 14日

エントリーシート徒然

ESを書きながら思うこと。
「これちゃんと全部読んでもらえるんかなぁ?」

だってさー、全国からもさもさ届くんよ?
何千枚、何万枚の世界なのよ?
ES審査担当の社員さんなんて本当に限られた人数しかいないと思われるので、
一人当たりのノルマ枚数はものっそい数になるはず。
それをいちいち全部隅から隅まで読みますか?読めますか?
少なくとも私はノーやわ。左上から右下に斜め読み。

というわけで、箇条書きを採用してみてはどうでしょう(誰に聞いてるんやろ)
言いたいことをまとめて箇条書きにして、その下に補足として文章書いてみるっていう。
箇条書きの部分だけ読んだら私の言いたいことが分かるという仕組み。あら素敵(笑)

まぁこれが吉と出るか凶と出るかは分かりませんけど。業種や企業にもよるやろうし。
ただ、今日先輩と話してて、もっと肩の力抜いてもいいんちゃうかなって思ったので。
あんまりガチガチになって書くと疲れるもんねぇ、ES。
たぶん、そういうのは読む方も疲れるやろうしねぇ。
目指せ、「読みたくなるES」ってことで頑張ります。

あとね、友だちと話してたんやけど、
「ESや履歴書送るときは添え状をつけた方がよい」
「速達で出してやる気をみせた方がよい」
そういうこと聞くけど、どないなんでしょう。
添え状は個人的にはいいなぁと思うけど、でも担当者からしたらウザいだけかもしれん。
速達はハナから却下。高いもん。締め切りに間に合ったらオールOKってことで。

いろいろあるよねー、常識からジンクスまで。
そういうのにいちいち過剰反応してしまうのは、やっぱり自信がないからでしょうね。
どーんと構えてりゃいいのよ!って言うのは簡単やけど、なかなかそうもいかないし。

ま、しゃーない!ES書かんと何も始まらんしね。
前向き前向きー。
[PR]

by sexual-apple | 2006-02-14 23:59 | The 就活


<< そういえば神戸空港開港でした      「自由にPR」の自由ってどこまでよ? >>