2005年 01月 18日

英米文学

今日は英米文学のテストだったわけですが。
あー、まぁまぁちゃう?みたい感触。
あんな短時間にあれだけの英文書いたのはたぶん生まれて初めてです。

「嵐が丘」からの出題の中で
「どうしてキャシーはヒースクリフへの愛をもっと美しいものに例えなかったのでしょう」
みたいな質問あったやん。
あそこ、かなり悩みました。
や、キャシーの気持ちは分かるんやけど、それを言葉に出来なくて。
ましてや英語だし(苦笑)
とりあえずそれっぽいこと答えたけど、なんとなく尻切れトンボな感じがしたので、
投げやりになりつつ夢見がちにポエマーなこと書いて誤魔化してみた。
"Daiamonds are beautiful, but they shine for everyone.
 Rocks are not beautiful, but for Cathy, they shine only for her."
あの先生はこれ読んだらどういう顔するやろ・・・。

テスト後はマーチンのインタビューを受けるべくMDRへ。
あの先生、父性が溢れ出してるわ。
私的理想のお父さんランキング第二位に輝きました。
ちなみに一位はアンディ。

明日と明後日はお休み、んで金曜日はテスト二つ。
市民法概論と行政法論・・・。
冷麺、先生の美脚思い出しながら頑張ろうね!
余談ですが行政法の先生はウエストが中世ヨーロッパ女性並みに細いです(どうでもいい)

チーズ姉さんのパソコン復活記念でへそ出しミロ兄さん貼っときます。
c0008616_21425991.jpg

私の中ではミロ兄さんはむしろオトメな人に分類されるんやけど、これは男前。
[PR]

by sexual-apple | 2005-01-18 21:46 | 毎日のこと


<< 無題・・・      テスト始まっちゃいました >>