セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 09日

木枯らしのエチュード / ショパン

注意:無駄に長いです。終始ぶつぶつ言うてます。それでもよければどーぞ。

就職についてぼちぼち考えています。ほんまぼちぼちやけど。
業種・職種あたりから少しずつ絞っていけたらいいかな。
まだ「この企業にする!」っていう段階には程遠いですけど、まぁ今はまだ情報の海をさまようのもありな時期でしょう(たぶん)
それにしても会社っていっぱいあるのねー。
ダディに「どういうとこがいい?」って聞いたら、なんでか「JTB」という返事が。なぜ?

今の時点で興味のあるのは企画。
どんな業種の会社であっても、やってみたいのは企画部門のお仕事かなぁ。
自分自身が直接お客さんと関わるんじゃなくて、自分のやり遂げた成果みたいなのがお客さんを喜ばせる仕事がいいなぁ、と思ったりする。
例えばイベントの企画・運営とか。
新製品の開発・改良とか。
そういう「モノ」を通してお客さんの喜ぶ顔が見たい気がする。

なんでか今はウエディング関連の会社や葬儀屋さんに興味があったりもします。
でもバイト先で「葬儀屋はやめとき!」といわれてしまいました。。。
いわく「先が読めない仕事だから」だそう。
お葬式って突然やってくるもので前々から予約とかしないから、不定休だし忙しいってことらしい。確かに。
結婚式なんかだと半年先の予定が入ってたりするもんね。
でもこれからの時代、葬儀屋さんは儲かると思うんですよ(嫌な言い方やけど)
そういう意味では将来性があるっぽい、葬儀屋。

葬儀屋さんに興味がある理由はもう一つあったりもする。
「日本人の死に対するタブー意識を変えたい」っていう気持ちがあるから。
みんないつかは死んで、お葬式してもらうわけじゃないですか。
でもその話をすると「縁起が悪い!」って言われちゃう。
自分のお葬式くらい自分でプロデュースしたくない?
祭壇のデザイン、遺影のお写真、会場のBGM。お葬式だって一つのイベント。
少なくとも私はそう思うわけです。
あと、最近知ったんだけど、生きてるうちにやる「生前葬」っていうのがあるらしく(つまりはお別れ会みたいなもの)、こういうのをメジャーにしてみたいなー、とか。
だって死んでからでは何もできないから。
生きてるうちに「ありがとう」って周囲に伝えたいから。
そういうコンセプトの生前葬っていいと思うんだけどなー。
でもなんせそういう意識改革は困難極まるので。特に生や死に関することですし。
言うだけ言うてみたものの、やっぱ不可能だよな、ってことを再確認してしまった。イタタ。

商社もいいなぁ。総合商社。三井住友・三菱・丸紅・伊藤忠etc.
両親とも「そういうとこ入ってくれたら安心やわー」と言ってました。単純な親。。。

興味本位でいくなら航空会社とJR西日本。ほんま興味だけ(笑)
さらにUSJとオリエンタルランドも加えておきましょうか。
企画のお仕事に興味がある私にとって、この二つは実はめちゃめちゃ魅力的です。
でも私、ディズニーランド行ったことないねんなぁ。。。USJも一回だけやし。アカンやん。

ここまで散々ぶつぶつ書いといてあれなんですけど。
ぶっちゃけ、仕事に対しての熱意はそこまでないのです。
うーん、こういう言い方したら御幣があるけど…。
もちろん一生懸命働くんだけど、「仕事=人生」みたいな生き方するつもりはないのよね。
「この会社に骨をうずめるわ!」とか無理っぽい。
そういう気は皆無。まぁ「やる気がない」とも取れますが…。何とでもおっしゃい(強気)

でも結婚する予定はないから、一生付き合っていける仕事がいいのかな、とも思う。
まぁ万が一結婚とかしてしまっても、家事できないから私が稼いでダンナさん主夫っていうのが理想なんだけど(笑)
そんなこんなで総合職希望。全国転勤ありになるけど、ま、しゃーない。
関西圏(京阪神)で就職したいっていうのももちろんあるけど。そこらへんはジレンマ。
だって女子の一般職って結婚して退職してなんぼ、みたいなとこがあるような気がしてどうもねー…完全なる偏見やけど。でもお局様とか言われるの嫌やもん。

あー、疲れた。。。就活って大変だわー。
エントリーもう始まってるとこけっこうあるし、周囲の話聞いてたらなんか焦る。
焦ってもしゃーないし、焦る必要もないと思ってはいるんだけど。
就活で何が必要って「体力・精神力・お金」、この三つに尽きるんじゃなかろうか。
…あー、今自分で書いといてウゲーってなったよ。えーん。

まぁそんな感じ。
[PR]

by sexual-apple | 2005-10-09 23:25 | The 就活


<< 交響曲第五番 / チャイコフスキー      ヴァイオリンソナタ「クロイツェ... >>