2014年 07月 06日

W杯クズなう

なんだかんだでW杯を割とちゃんと見ている。四年に一度の世界のお祭り。
世界中で一体何人の人がこの瞬間を共有しているんだろう。私が見ているテレビ画面と
同じものを、隣の国の人も、その隣の国の人も、そしてもちろん地球の反対側の
スタジアムにいる人たちも、全員が見ているというのは私にとってはちょっと震えるくらい
すごいことで。純粋に、興奮して感動してる。

さて、2002年日韓共催のあの大会からこっち12年間、ずっとゲルサポな私ですが、
今大会に限ってはブラジルも応援しています。そしてブラジル対ドイツというカードになって
しまった準決勝は、ドイツには大変申し訳ないですが、ブラジルを応援いたします。

南米開催、しかもその中でもブラジル開催。そこでブラジルが優勝するというのは、とっても、
とっても意義深いことだと思う。ブラジルにおけるサッカー、ブラジル人にとってのサッカー、
そしてW杯というのは、日本人である私にはちょっと理解できない次元にあるんじゃないかと
勝手に思っている。そこで欧米勢が優勝してしまうのは、ブラジル、ひいては南米にとっては、
大袈裟かもしれないけど、アイデンティティを踏みにじられるようなもんなんじゃないかとまで思っている。

確かに南米の選手たちもその多くは普段は欧州リーグでプレイしてるし、サッカーなんて
純粋なスポーツというよりはすでにビジネスになってるわけで、動いてるお金の量もハンパないし、
裏ではいろいろあるでしょうとも。

それでも、私は南米の選手たちの背後に、プロになることを夢みながらそこらの路地裏で
ボロボロのボールと追いかけっこする子どもたちを想像してしまう。そして思うのです、彼らの
夢を守るために、ブラジルは優勝しなければならないと。できる・できないの問題じゃない、
しないといけない、のです。そしてドイツは優勝してはいけない。ここは欧州勢の出るとこではないから。

生憎、準決勝を目前にしてネイマールは怪我で戦線離脱、チームの要であるキャプテンは
出場停止とブラジルは満身創痍。対するドイツは調子を上げて来ているし、少なくともブラジルと
比較するといいコンディションにあるように見える。だから次の試合はめっちゃめちゃに不安、
すでに神様に祈る気持ち。これが欧州での大会だったら、これがW杯ではなかったら、私は
迷わずドイツを応援してるけど、今回だけは別。ブラジルを応援する。それでもまだ決勝戦が
残っているのだけれども。



ここまで超真面目に書いてきたけど、グループリーグ終了後、準決勝でドイツとブラジルが
当たると気付いたときから、私の中での理想の順位はもう出来てるんだわ。ブラジル対ドイツは
ブラジル勝利で、ドイツは三位決定戦を制して三位。そしてベスト4が出揃った中で順当にいくと、
二位はアルゼンチンでしょう。というわけで、優勝ブラジル・二位アルゼンチン・三位ドイツで。
オランダごめん。


2015.02.20
久々に読み返してみたけど、そして書いてる当時も思ってたけど、これは奢りなのかなーって。
「先進国・日本に生まれ育った私」っていう視点からの。うーん、考えちゃうなぁ。。。
[PR]

by sexual-apple | 2014-07-06 16:35 | 毎日のこと


<< びっくりした。      LIFE! >>