セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 02日

9月に読んだ本

104: 世界の不思議な家を訪ねて / 小松 義夫
105: 輝く夜 / 百田 尚樹
106: 味でさぐる世界の文化 ヨーロッパ・中近東 / 西岡 秀雄
107: 孤児たちの城 ジョセフィン・ベーカーと囚われた13人 / 高山 文彦
108: ローマ人の愛と性 / 木村 凌二
109: 世界カワイイ革命 なぜ彼女たちは「日本人になりたい」と叫ぶのか / 櫻井 孝昌
110: 服飾の歴史をたどる世界地図 / 辻原 康夫
111: 世界の日本人ジョーク集 / 早坂 隆
112: 下着の歴史 ヴィクトリア朝の社会史 / 戸矢 理衣奈
113: シャーロック・ホームズの履歴書 / 河村 幹夫
114: シャーロック・ホームズの見たロンドン / チャールズ・ヴァイニー
115: 大塚女子アパートメント物語 オールドミスの館にようこそ / 川口 明子


9月は12冊。興味の沸くままに図書館で借りては読む日々。
毎週末の図書館通いがすっかり定着。だって本って買うと嵩張るんやもん…。

「輝く夜」
うちの部長から「もうそうにぴったり」と付箋つきでオススメされた(笑)
クリスマスがテーマの短編集。残暑厳しい中でクリスマス…。
内容は確かに「もうそうにぴったり」でした。砂吐きそうに甘い。

「下着の歴史」でどっぷりヴィクトリア朝につかり、結果、久々に
ホームズものが読みたくなり、その次の二冊へ。
なぜか定期的に読みたくなるホームズ。


うーんなんかもっと感想書きたい本もあったんやけど、
なんか、とりあえず、これで。


喉がずっと不調ーーー。痛い。。
[PR]

by sexual-apple | 2011-10-02 00:44 | 本棚


<< 思いついたままに書いた日記      9月21日に思ったこと。 >>