セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 22日

再生芸術

絵画や小説は当時のままの姿で今も楽しめるけど、
音楽は楽譜だけ。
オケの編成とか、楽器の種類とか、今と当時は全然違うわけで、
そしたら今きいてる演奏と、当時の演奏はどれくらい違ったんやろう、とか。

その曲の作曲家自身が参加してる演奏とか、
今どう足掻いても絶対にきくことができへんのやなぁ。。

例えばベートーヴェンの「運命」でも、今自分がきけるのは
フルトヴェングラーの運命だったり、カラヤンの運命だったり、
ブラームスだって同じで、小澤だったりミュンシュだったりで。
その当時の作曲者が100%意図した演奏は絶対にきけない。

そう考えたら、なんか、こう、もどかしいというか。
残念っちゃ残念で。

作曲家が本当に表現したかったのはどんな音楽だったんやろう。
[PR]

by sexual-apple | 2011-05-22 20:10 | 呟いてみる


<< 出張先のごはんのこと。      チューニングの謎 >>