セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 09日

3月に読んだ本

あっと言う間の3月でした。年度末感皆無やった(笑)

027: 人質カノン / 宮部 みゆき
028: 臓器農場 / 帚木 蓬生
029: ワーキングプア 日本を蝕む病 / NHKスペシャル「ワーキングプア」取材班
030: ひとつ灯せ / 宇江佐 真理
031: 贈る物語 Terror みんな怖い話が大好き / オムニバス・宮部みゆき選
032: 捜査班 因果 / 麻生 俊平
033: 大江戸人情花火 / 稲葉 稔
034: 四文字の殺意 / 夏樹 静子
035: Story Seller2 / オムニバス
036: 丸山眞男 音楽の対話 / 中野 雄
037: シャーロック・ホームズのジャーナル / ジューン トムソン
038: 記録された殺人 / 岡嶋 二人
039: 国家の品格 / 藤原 正彦


「人質カノン」は短編集。宮部みゆきは長編も短編もうまいねぇ。
ただ、本の裏表紙の紹介文でネタバレがあって残念。出版社よ気をつけろ。

「シャーロック・ホームズのジャーナル」は、贋作集。
2月の本リストで「正典が一番好き」と書きましたが、これは面白かった。
作品の雰囲気や構成がドイルそっくりで、しかも正典ネタをうまいこと散らしてある。

「国家の品格」はタイトルの割に読みやすくておもしろかった。
かなり極端な内容やけど、同意できる部分も多数。

「丸山眞男 音楽の対話」、これ読んでクラシックがききたくなった(笑)
今まで全然興味なかった「指揮者」に意識を向けるきっかけになった一冊。
目下、カラヤンとフルトヴェングラーのベートーヴェンをききくらべ中。

そんなわけで、今月(4月)は音楽関係の本ばっか読んでますー。
熱しやすくハマりやすく単純でミーハーな私!
[PR]

by sexual-apple | 2011-04-09 13:59 | 本棚


<< 今朝のこと。      バーレーンの実況が日本語にしか... >>