セクハラ☆りんご

bushbear.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 02日

ソウル旅行:その②

旅行二日目のケータイ日記より。

3月30日
ソウル2日目、朝はそこそこに起きてさっそくお出かけ。が、地下鉄の駅がなかなか見つからず若干苦労する。どうにか地下鉄到着、本日最初の目的地はお粥専門店の「粥郷」。かんなり迷って迷って迷って(以下エンドレス)やっとたどり着いたときは妙な達成感に包まれた。お粥はキノコと牡蠣のものをオーダー。あっさりしていて美味。牡蠣がやたら入ってて嬉しかった☆お腹に優しくて良いです。ちなみにフィッシーは鮑粥。こっちもおいしかった。店を出た後は明洞をうろうろ。チーズ姉さんオススメの「明洞餃子」を発見、喜び勇んで入店。マンドゥを注文しました。これがもうかなりイケてる味でたまらんかったです。あぁ、思い出すだけで顔がニヤけてまう(´ー`*)その後もずっと明洞をさまよい続けた本日。お買い物もちびちびと。例えば…
①安価なコスメチェーンの「MISSHA」でこまごましたリップクリームなんかと共に大好きな薔薇の香りのフェイスクリームをゲットしてご機嫌☆ああ幸せ。
②「ロッテ百貨店」で韓国海苔大量購入。ノーマルのとキムチ味のと。欲しい人どうぞ。
③お決まりってことで免税店へ。イブサンローランにてママンのために香水購入。あと、自分のためにベビードールのボティーローションとリップグロス。店の人にいきなり塗られて「これアナタの色ネ!」と激しく勧められたので(笑)
④「リブロ」にて絵本と漫画一冊。日本のコミックがハングルに翻訳されてて感動的だったので思わず。ちなみに買ったのはジャンプ連載のワンピース一巻です。
他にもいろんな店をひたすら覗き、商品買わずにショップバッグだけ買ったり(注・ソウルでは袋類は有料) あと、念願のトッポキ食べました。お餅が甘辛いコチュジャン味噌で煮込まれてる屋台フード。辛くてヒィヒィなったけど、ハマったー。帰国までにぜひもう一度!
夕食は「古宮」にて石焼ビビンバに舌鼓み。これまた辛い。いやはや、韓国料理の辛さは半端やないです。唐辛子入ってない料理探すのは大変かも。何頼んでもほぼ100パーセントでキムチ付いてくるし。これはどこの店でも行われてるみたい。私も相方の肴嬢も毎回よく食べてます。白菜のが一番多いけど、過去一回だけ出て来た大根のやつも好き☆
それにしてもなんか全身が匂ってます。服は浴室に一日ぶらさげたらまぁ良い感じになるんやけど、毎日使うコートなんかはどうしようもないのでそのまま…。文字通り異国の香りたっぷりな私です(笑…えない!)

とにかくよく歩いた二日目でした。
特に地下鉄。階段がものっそいです。
エスカレーターもあるにはあるけど、それを差し引いても階段だらけ。
段数も半端じゃないです。階段・階段・改札・階段・ホーム、とか。
身体の不自由な方や高齢者の方は本当に困るだろうなと思う。

c0008616_0145964.jpg
朝ご飯のお粥。味付けは至ってあっさり。なんか安心する味でした。一緒に写っているキムチやらモヤシやらはオーダーせずとも付いてきたもの。どこで食事しても大抵こうやってオマケが付くみたい。しかもお代わり自由らしい。


c0008616_063180.jpg
お昼ご飯のマンドゥ。チーズ姉さんに教えてもらった明洞餃子っていうお店のもの。これで一人分です。多い!相方の肴嬢と分け分けしていただきました。かなりおいしいです。辛いのが苦手な人でもこれは大丈夫かと。


c0008616_0354454.jpg
晩ご飯のビビンバ。付属のメニューはキムチに始まって海苔の揚げたのやら白和えやらさつまいもの天麩羅やら合計八種類。冷たいお茶や梅のジュースなんかも出てきて、なんだかすごく豪勢です。民族衣装を着た店員さんが親切に対応してくれました。
[PR]

by sexual-apple | 2005-04-02 23:47 | 感想系


<< ソウル旅行:その③      ソウル旅行:その① >>